TOP >  オカズな体験談 >  【体験談】家庭内でのオナニーの目撃談 自慰中毒の娘たち

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>





<<抜ける無料サンプル>>
小学校高学年でオナニーを覚えて以来
大人になってもオナニーしまくってる美女
子供の頃やってたオナニーの再現オナニーや
男に乳首を舐められながら変態角オナニーをして
足ピンしながらイク瞬間が見れる


あっ!イク・・・くぁ・・・

【体験談】家庭内でのオナニーの目撃談 自慰中毒の娘たち

ona160116-01.jpg

私は女性の自慰行為そのものに非常に興奮を覚えます。
女のオナニー。
なんてエロい響きの言葉なんでしょう(笑)
女のオナニーこそ、私にとって最高のオナニーのオカズです。

オナニーが何故エロいのか?
それは隠れてコソコソとする行為だからだと思います。
セックスも大々的にする事ではありませんが、それでもセックスのほうがまだ市民権を得ています。

大人になると、女友達とも下ネタで盛り上がるような場面がよくありますが、セックスの話はできてもオナニーの話までするのは、なかなかハードルが高いです。

セックスは見る事が可能です。
その女性と仲良くなり、愛し合うならば、いずれセックスができます。
セックスで、普段と違う声、普段と違う表情を見る事ができます。

しかし、オナニーを見るのは、それよりもさらにもう数段上の信頼関係が必要です。
女性によっては、というかほとんどの女性が、パートナーにもオナニー姿は見せないでしょう。
なんなら、オナニーをしてるのに、してないとウソをつくほうが普通かもしれません。

また仮に、愛する女性がオナニーを見せてくれたとします。
しかし、そのオナニー姿は、本当のオナニー姿ではないかもしれません。
あくまで見せる用。
本気パンツでなく、見せパン、、、みたいな。
そんな、控えめな行為かもしれません。
本当の本当の、本気オナニーは、もっともっと変態的な、貪欲な自慰なのかもしれないのです。
私が見たいのは、本気のオナニーなのです。


そんなコソコソ行為であるオナニー。
知り合いのあの子のオナニーが見てみたい。
しかし見れない。
そうすると、妄想で補填するしかないのです(´∀`)
そのため、オナニーの情報を集めて、女性のオナニーを少しでもリアルに妄想できるように、裏付けにしていきたいと思います。


通常はオナニーしてる姿どころか、オナニーをしてる事もひた隠しにし、誰にもバレないようにしてるわけですが、長い人生、何度か目撃されてしまった経験がある女性もいるようです。
いわゆる<オナニーバレ>です。

恥ずかしい話、私も発見されてしまった事があります(-。-;
男の私でも消しさりたい記憶ですが、女性の方にとっては、どれだけ恥ずかしい事なんでしょうね。

ネット上には、女性のオナニーに関する体験談が多数おちてますが、今回は目撃してしまったほうの体験談です。
特に、親が娘のオナニーに気づいてしまったパターンについて集めてみました。


■無防備ゆえのオナニーバレ

最近7歳の娘が、オナニー行為をしています。
本人はそれがオナニーだとはわかっていないようですが、コタツの中とかで、静かだなと思うといつのまにかズボンとパンツを下ろして性器を弄っています。
注意すると、「オマタが痒かった」とか「毛が挟まっていたから取っていた」と言い訳します。


さらに

先日、予定より早い時間に外出先から帰宅した際、小5の娘が居間で全裸になって自慰行為に耽っている現場を目撃してしまいました。
実は去年の夏にも一度、私が忘れ物を取りに不意に帰宅した際にも、慌てた様子で衣服を身に付けてる娘の姿を見ており、今回娘に強く問いただしたところ、小3位の頃から、私共親が不在時に自宅で自分1人になると、家の中でいつも1人で素っ裸になって自慰に及んだり、裸で庭に出てみたりといった行為を繰り返していたそうです。



オナニーがバレる可能性が一番高いのは、もちろん同居している家族です。
特に子供の頃は、警戒心も子供並、ごまかし方も子供並という事で、親からみたら丸分かりでもオナニーをしてしまい、発見されてしまうようです。
そのおかげで目撃談が増え、「ほとんどの女性がオナニーしてる」裏付けになるのです。


■罪悪感のない無邪気なオナニー

小学5年生と3年生の自慰行為に悩んでいます。

3年生の方はうつぶせになってぬいぐるみを挟んでしていることが多いです。
このぬいぐるみを隠したらすごくパニックになって怒って捜し回ってました。
5年生の方は場所を選ばずで困ります。
こないだはお風呂に子供達だけで入らせていたところ、後で3年生の方が「お姉ちゃんが、(これやらないとスッキリしない!)とか言っておまた触って、(見て~ネッチョリしてる~)とか見せるの」と言ってきたのです。
その下の3歳の娘にも一緒に見せてるらしいのです。

今はみんな同じ部屋で寝てるので、ハァハァ聞こえるだけで娘なのに嫌悪感がわきます。
(確認しようとすると止めます)



オナニーが恥ずかしい行為と認識してるか否かは個人差もあるようです。
低年齢ならば、当然それが恥ずかしいという感覚はないのでしょうが、、、
中には、これくらいの年齢でも、無邪気にオナニーができる子もいるのですね。
しかしこれも、目撃の可能性が増える一因。

大人の感覚では理解できないですが、子供の頃、こういった覚えのある方もいるのではないでしょうか?
本当に、消し去りたい記憶ですよね(^_^;)


■思春期の娘のオナニー

中学一年の娘のことで悩んでいます。
先日、娘のベッドの上の布団を干そうかしらと布団を持ち上げましたら 蛍光マーカーペン三本とティッシュ二枚が出てきました。
何かしらと落ちたペンを拾い上げましたら、べたべたしており、おりもののようなものがたくさん付着しており、驚いてしまいました。

歯科の帰り道、それとなく車の後部座席に座る娘にききましたら、昨日は鼻が詰まっていたから鼻水が付いたんだよと申しておりました。
今朝は起床が遅い娘の布団をがばっと捲り上げましたら、娘はパジャマのズボンの中にペンを持った手を入れており、腰を抜かしそうになりました。


思春期を迎えてからのオナニーバレはこたえますね(´Д`)
かくいう私も、思春期でのオナニーバレ経験あり。
その場はごまかしたつもりでも、普通に考えてバレてます。
実家暮らしだと、オナニーが一切バレずに生きていくなんて、不可能ですよね。


■未熟な理性では制御できない性欲

2年ほど前から自慰行為がやめられずにいます。
股間を机やソファの角に押し当て、足をピーンと伸ばしてやります。
全く見なくなったなと思った時期もありましたが、公園、お友達や祖父母の家、幼稚園でもやったりしています。
以前家で見かけたとき、いけないとわかっていたのに、ものすごく叱りつけたことがあります。
結局私が見て見ぬふりをしても、叱っても、大事なところだからやめようねと優しく言っても、やめれないんです。
幼稚園の担任も、見かけたときは「そこは○○ちゃんの大事なとこだよ、やめようね」と声を掛けてくれています。
ただ、その行為をすぐにはやめず、ある程度してからやめるそうです。



性欲が強く、羞恥心が薄いので人前でしてしまう。
性欲が制御できないので、すぐにはやめられない。
オナニーというのは中毒性がありますから、大人は理性で止めて、なんとか社会生活を営んでるわけです。

オナニー中毒といえば、もう一個。


■毎晩、親の隣で自慰行為にふけるオナニー中毒の娘

小学6年生の娘の自慰行為について。
私たち家族は、私、夫、そして娘ふたりの4人で、同じ寝室で布団を並べて寝ています。
ここ半年の事ですが、上の子の自慰行為に気づいてしまいました。
上の子は、私のすぐ右側に寝ていますが、ほぼ毎晩、布団の中で自慰行為をしているようなのです。
布団の中でモゾモゾして、時々びっくりするような声を漏らしながら自慰行為をしてます。
しかも、オーガズムも感じているのか、ある程度モゾモゾしたあとに、布団の中でブリッジするような動きを見せ、一旦止めますが、またしばらくすると自慰を再開します。
洗濯物に汚れた下着が頻繁に出されるようになったのが半年前からなので、間違いないと思います。

私たち家族は、だいたい11時くらいに就寝しますが、娘の自慰行為は深夜まで及ぶ事があります。
夫は元々寝つきがよいのと、出張が多く、一緒に寝ない日もあるので、まだ気づいてないようです。
私は寝つきが悪く、ちょっとした物音で起きてしまうので、気づいてしまいました。
いつか、下の子のほうにも気づかれてしまうのではないかと、大変困っております。。。



これは完全にオナニー中毒ですね。
私はオナニーそのものが悪いと思った事はなく、男女ともにオナニーは健全な行為だと思ってます。
(私が見たいからという事でなく)
オナニー中毒で悪い事はないですが、オナニーは人知れずやるもの。
バレてるのに気づかずに親の隣でオナニーしまくってるというのはいただけない状況です。

こういった親の悩みは、割とポピュラーな事のようです。
つまりそれだけ、オナニー経験のある女性も多いという事ですね。

会社のあの子も、子供の頃からこうやってオナニーでイキまくってたのかと思うと、非常に興奮します。
きっとそのままオナニー癖は治らず、今でも毎晩オナニーをしてる事でしょう。








[タグで関連記事を表示] * オナニー * オナニーバレ * オナニー中毒

Last Modified : 2021-10-05

コメント







非公開コメント