TOP >  オカズな映画 >  【映画のエロ】真夏の暑さはプールで戯れる濡れおっぱいで吹き飛ばせ! オマンコもモロに映したおバカホラーコメディ「ピラニア リターンズ」

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>





<<抜ける無料サンプル>>
小学校高学年でオナニーを覚えて以来
大人になってもオナニーしまくってる美女
子供の頃やってたオナニーの再現オナニーや
男に乳首を舐められながら変態角オナニーをして
足ピンしながらイク瞬間が見れる


あっ!イク・・・くぁ・・・

【映画のエロ】真夏の暑さはプールで戯れる濡れおっぱいで吹き飛ばせ! オマンコもモロに映したおバカホラーコメディ「ピラニア リターンズ」

ona210725-01.jpg

まだまだ暑い日が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

あともう少ししたら、暑さも落ち着いてくると思いますが、こんなご時世なので、中々避暑的なレジャーも行きにくいですよね。

そんな辛い真夏の日々を乗り切るために・・・

プールではしゃぐ女の子たちの生おっぱいはいかがでしょうか?

というわけで今回は2012年のホラー映画「ピラニア リターンズ」を取り上げたいと思います。

当ブログでも以前取り上げた「ピラニア 3D」の続編(リターンズの原題は「ピラニア 3DD」)です。



前作は下品でおバカなエロさ満載の映画でしたが、本作にもそれは継承されています。

一部、ネットの評価では前作よりパワーダウンしたというレビューも見かけますが、本作「ピラニア リターンズ」のほうが、コメディ寄りに徹底していて、そこら辺は前作以上に頭空っぽにして見れる所です。

ちなみに「ホラー」コメディなので、ガッツリグロいシーンも出てきますが、苦手な人もいるかと思いますので、本ブログではエロ部分のみを取り上げていきますね。


前作はビーチでのイベントを舞台にしていましたが、今回は新規オープンのプールが舞台となります。

このプール”ビッグ・ウェット”を経営するチェットというおっさんが、非常に軽薄でどうしようもない男なのです。

とにかくエロで人を集めて金儲けしようというクズ野郎・・・ある意味、エログを運営する私のような男と言えます(笑)

まあ、この手の映画でネタバレとかあんまり関係ないであえて言いますが、、、ホラー映画の定石で言えばもっとも悲惨な死に方をするキャラです。

ona210725-02.jpg

チェットが企画したのが「アダルトプール」。

通常のエリアとは別に、裸の女が泳いでいるエリアも用意するという下劣っぷり。

ただ、そのおかげで映画では、、、

おっぱい!!

ona210725-03.jpg

おっぱい!!

ona210725-04.jpg

おっぱい!!

ona210725-06.jpg

おっぱい!!

ona210725-05.jpg

おっぱい!!

ona210725-28.jpg

おっぱい!!

ona210725-29.jpg

おケツ!!

ona210725-07.jpg

おっぱい!!

ona210725-08.jpg

・・・と、おっぱいとお尻のコンボを満喫する事ができます。

スポーティーな裸とでも表現すればよいのでしょうか?

こういう健康的なエロスって、すごく好き(笑)

プールの水で濡れたおっぱいって、なんでこんなにまぶしいんでしょうかね。

ちなみにこのおっぱい達の中で、私の好みは、こういう小ぶりのおっぱいです。

引き締まった体に、自然にくっついたおっぱいは美しいですね。

ona210725-06.jpg

もちろんアレもありますよ。

夏の風物詩・・・マンスジです。

だって、水着って女の子を股間を必要最低限にしか隠さないものですからね。

水着で隠したって、、、

ona210725-09.jpg

デデーン!!!

股間にズームアップしてみると、、、

ona210725-10.jpg

しっかりマンスジも映っておりました。

ヌードプールは妄想でしかありえませんが、水着のマンスジはリアルに見かける生々しい光景です。

マンスジって、ほぼマンコ見せて歩いているようなものですからエロいですよね。

これだから夏が好きなんです。

ona210725-11.jpg

”ありえない”って話でいえば、この映画、オマンコが映ってるんですよね。

日本で見れるバージョンでも、ボカシやモザイクがかかってないのです。
(当ブログでは自主規制によりモザイクをかけてます)

前作でもオマンコ見えてる説ありましたが、CGなりで加工されている風だったり、イマイチ確信が持てませんでした。

ただ、本作では本当に一瞬ではありますが、プリプリの大陰唇と、その間の溝・・・陰裂が映っているように見えます。

映っているように見えます、、、と、断定的でないのはあまりに不意打ちでビックリしたからです。

まさか日本版で無修正とは・・・


それは前半の、おそらくは本作で一番の目玉のエロスシーンとして用意された、こちらのシーン。

素っ裸の女がプールサイドを歩いてきて、、、

ona210725-12.jpg

ガバ

プールに入ろうとして足を開きます。

完全にノーガードです。

ona210725-13.jpg

さらに拡大してみますと、、、

うーん、やはりオマンコが見えてますね。

遠目でただのスジだったら、処理した陰毛と見間違える可能性もなくはないですが、横からみたマカロンのようなものが股間についてます。

ぷくっとした大陰唇です、これは。

ここまでハッキリと女性器が見れるのは珍しいですね。

一応、法的にも芸術や医療関係であれば性器を見せても問題ないとされています。

エロティック映画でなく、ホラーコメディだったが為に規制を逃れたのでしょうか。
(そういう意味でも当ブログではアウトなので、自主規制してます)

中々面白い現象です。

ona210725-14.jpg

また、ゲス野郎・チェットの企画で、プールから上がる梯子に水中カメラを設置し、大画面で皆で見れるというものがあります。

こちらのモニターをお披露目するシーンでもオマンコ映ってる疑惑があります。

ona210725-15.jpg

梯子を上る全裸の女。

すると、、、

ona210725-16.jpg

ガバ

一瞬ですが開いた足が映ります。

ona210725-17.jpg

拡大して確認しましたが、ここもマンスジ程度は映ってる気がしますね。

さすがに水中なのでハッキリとはわかりません。

光の屈折、この野郎!!

前作も、モロマンは水中でのシーンでしたからハッキリしませんでしたね。

本作はプールサイドだったが功を奏したのでしょう。

ona210725-18.jpg

さてさて、モブキャラだけでなく主要な登場人物たちのお色気シーンはどうでしょう。

まずは主人公のマディ。

地元を出て行った女子大生で、チェットとともにプールの経営権も持っています。(チェットは義理の父親)

演じているのはダニエル・パナベイカーという女優さんで、2009年版の「13日の金曜日」にも主要キャラでキャスティングされてましたね。

ゲス野郎のチェットと正反対の常識人で、主人公だけあってお色気シーンは少なめです。

ona210725-19.jpg

夏なので薄着ではありますが、お色気シーンと呼べるのは湖の調査をするために、下着姿で泳いだシーンくらいでしょうか。

うら若き女子大生が、普通に高校の同級生の男子たちの前でパンツ姿になってるんですが、アメリカではこれが普通なんでしょうね。

ona210725-20.jpg

主要キャラの中で注目したいのは、やたらと処女を捨てたがっているシェルビーという女の子。

ホンマ、若い奴は男も女も頭の中はセックス!セックス!セックス!セックス!セックス!セックス!ばっかりやでぇ!!

演じているのはカトリーナ・ボウデンという可愛らしい女優さん。

やはりホラーコメディ映画である「タッカーとデイル」ではヒロインを演じてました。

ona210725-21.jpg

シェルビーが果たして無事に処女を捨てられるかは、映画本編でお楽しみいただければと思うのですが、ベッドシーンでは・・・なんとマンスジがしっかり映っておりました。

ハァ!ハァ!(*´Д`)

ona210725-22.jpg

拡大して光量調整してみると、これこの通り。

パンツのシワではなく、オマンコの形に食い込んでますね。

モブキャラでなく、主要キャラのマンスジというのは、中々価値が高いシーンです。

ona210725-23.jpg

お色気についてはこんな感じですが、他の登場人物についても言及しておきましょう。

前作から引き続き登場となるのがピラニアに詳しいグッドマン博士役のクリストファー・ロイド!

バック・トゥー・ザ・フューチャーのドクです!

超大物俳優ですが、こういうB級ホラーにも出演しているのがほほえましいですね。

しかも本作では、前作以上に顔芸が<ドク>みたいなんですよ。

映画ファンにはうれしい演出です。

ona210725-24.jpg

また、前作でスクリューでピラニアと戦った保安官のおっちゃんが再登場!

前作でピラニアに食われて死んだと思ってたら、足だけ食われて辛うじて生きてました。

本作でも、ショットガンに改造した義足を武器に大暴れします(笑)

ona210725-25.jpg

さらにさらに・・・往年のスターであるデヴィッド・ハッセルホフが本人役で登場しちゃってます。

日本のオジサン達には「ナイトライダー」のマイケル役と言えばわかるでしょうか。

プールのオープニングイベントに、一日ライフセーバーとして出演する事になったデヴィッド・ハッセルホフ。

ona210725-26.jpg

おばちゃん達には大人気だけど、子供にはまったく知られてないという、自虐的なネタもぶっこんできます。

とにかくデヴィッド・ハッセルホフの存在が、本作をかなりコメディー寄りにしています。

往年のスターが本人役で登場したといえば「ゾンビランド」のビル・マーレイを思い出しますね。

本作のデヴィッド・ハッセルホフも、まさにあんな感じの悪ノリ(いい意味で)をしまくってます。

ona210725-27.jpg

さて、いかがでしょうか?

やはり夏と言えばホラー・・・そして水着、おっぱい、オマンコですね!

CGを駆使したグロいシーンはありますが、それに耐性があれば、頭を空っぽにして楽しめる映画だと思いますよ。

お盆を過ぎれば、もう少し過ごしやすくなるでしょうし、あと少しの辛抱ですね!

お体に気を付けて、残り少ない真夏の夜を楽しんでいきましょう。

ona210725-30.jpg




本記事で紹介した映画がU-NEXTで見れるか確認してみました。

2021年8月10日に確認した所、U-NEXTで配信中(見放題対象作品)でしたので、興味がある方はU-NEXTで視聴するのがオススメです。

ona210725-u01.jpg

作品の配信状態(2021年8月10日時点での確認情報)
ピラニア リターンズ
見放題対象作品


↓「U-NEXT」へは記事最後のバナーより飛べます↓

U-NEXTとは?
U-NEXTは月額制の動画配信サイトです。
見放題対象作品となっているものは月額だけで見る事ができ、それ以外の作品も別途ポイントを払えば見れます。

・U-NEXT月額利用料金
2,189円(税込)

しかも31日間無料トライアルもやっています。

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)


ちなみにポイントは無料トライアル以降、月額料金を支払うと毎月1,200円分のポイントが付与される仕組みです。


U-NEXTでは配信している映画のランナップは随時切り替わっています。

また、配信していても見放題対象作品でなかったら、別途ポイントが必要なので注意が必要です。

なので、U-NEXT加入前に必ず現在も配信中かどうか、見放題対象かどうかリンク先ページで「ピラニア リターンズ」で検索して確認してください。

作品が検索で見つかれば現在も配信しています。

作品名の下の記載が「見放題」となっていれば月額料金だけで無料で見れて、金額が記載されていればその分のポイントが別途必要になります。


本ページの情報は2021年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。









[タグで関連記事を表示] * マンスジ * おっぱい * お尻

Last Modified : 2021-09-05

コメント







非公開コメント