TOP >  オカズな体験談 >  【体験談】女の子の初オナニー体験談まとめ第二十六弾 どんな事に興奮して女は自慰行為をしてしまうのか?

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>





<<抜ける無料サンプル>>
両腕を押さえつけられながら
中出しされた快感で絶叫イキする女
セックスで男と女が
同時にイク瞬間が見れる


ああっ!!!!

【体験談】女の子の初オナニー体験談まとめ第二十六弾 どんな事に興奮して女は自慰行為をしてしまうのか?

ona211128-01.jpg

AV女優だってデビューする前は普通の女!

AV女優たちの赤裸々な告白から一般女性のオナニー事情に迫る企画、第26弾です。

前回までで100名の女優のデータの収集が完了しましたが、今後もボチボチと追加していこうと思っています。

今までのまとめ記事については↓↓↓



さて、エッチな事に興奮してしまうのは男子の専売特許ではありません。

なぜならば性欲とは子供を産むための本能であり、種を存続させるために必須の感情ですから、それが男側だけにあっても成立しません。

もちろん女性側も基本的にはセックスをしたい、気持ちいい事をしたい、性的好奇心を満たしたいという感情があり、人類はここまで存続してきたのです。

当然、思春期の女の子だってエッチな気持ちになったりするわけですが、あまりそういう気持ちがある事を人前・・・特に異性の前では出しにくいのが女性の心理です。

その為、学生時代の、乙女心に疎かった我々男子は、女子はエッチな事は嫌い、エッチな事に興味ない、と勘違いし勝ちです。

たまにノリの良い、エッチな話をしてくる女子は「こいつ相当スケベな女だぞ」と思ってしまうわけですが、それも間違いです。

ほぼすべての女子が男子が想像する何倍もスケベであり、エッチな話に乗ってくるのはたまたまオープンな子だっただけというオチなのです。

むしろ真面目そうな女の子ほど、実は毎日オナニーしまくってるようなオナニー中毒な女だったりするものです。

ですので、真面目な学級委員なあの子も、お勉強キャラの地味なあの子も、スポーツ大好きな明るいあの子も、裏ではどんなエッチな事をしているかわかりませんし、みんな等しくエッチな事に興奮したりしするのです。

では、女子とはどのような事に性的興奮を覚え、そしてオナニーをするようになってしまうのか、、、

今回も4名の告白をもとに、特にそこら辺に注目して考察していきたいと思います。

【今回のオナニスト】




■いつか現れる白馬の王子様とのSEXを想像してマンコに指を挿入

女優名:
二葉エマ
オナニーを覚えた年齢:
中2
当時の方法:
ネットで調べた指入れオナニー

ona211128-02.jpg

AV女優の世界はアイドル化も年々進んでおり、そんな可愛らしい女優たちに憧れてAVの世界に入ってくる子も増えてきています。

その子たちにとってはエロい世界、、、というよりは女性が輝いている世界という解釈でAV業界を見ているわけですね。

桃乃木かなちゃんに憧れてこの世界に入ってきたという二葉エマちゃんもそんな女の子の一人。

クラスにいれば、男子人気トップクラスであろう事は間違いない美少女でありますが、学生時代は親のしつけが厳しかったこともあり、どちらかというと目立たないタイプだったそうで、高校卒業するまで誰とも付き合った事がなく、処女のまま過ごしたのだとか。

そんなエマちゃんもしっかりとオナニーはしていたのです。

ona211128-03.jpg

まずは学生時代、どんな感じの女の子だったのか、見て行きましょう。

学生時代はどんな子でした?

「人と喋るのはそんなに得意なほうではありませんでした」
「メガネをかけて教室の隅っこにいるようなキャラでしたね」


「リア充みたいな人たちに憧れてはいたけど、多分私はそっち側にはいけないだろうなってずっと思いながら生きてきたタイプです」

部活は何をやっていたんですか?

「日本舞踊です」
「刀を持って舞う男踊りなんかもやっていました」


エッチな事に関心はありましたか?

「私自身はそこまで興味はありませんでした」

「小中の同級生から『エマちゃんの体エロくておいしそう』とか『エマちゃんってなんかエロい』って言われたことはありましたけど(笑)」


引用元:「メンズサイゾー」


まず驚いたのは日本舞踊という所。

そんな部活あるんだ!?(*´Д`)

私は少子化の先頭を突き進む田舎出身という事もあり、そんな特殊なジャンルの部活がある事を知りませんでした(笑)

それをやらさるという家柄もさることながら、学校も結構いい所通ってたんじゃないですかね?

日本舞踊という事は着物を着て踊るのだと思いますが、想像するとエマちゃん、きっと可愛かったでしょうね。

同級生(おそらくは女子?)から、エロい体してるねって言われたという事は発育もよかったのでしょう。

ちなみに現在Fカップだそうですが、高校時代でEカップはあったそうです。

本人はリア充にはいけないと思ってたようですが、もちろんリア充な交遊関係ではないにしろ、確実にモテたとは思うのですよね。

ona211128-04.jpg

男子にモテたであろう事を裏付ける、こんな発言もあります。

彼氏はいたんですか?

「いませんでした」
「お母さんから『中高生のうちは不純異性交遊はダメ』と言われていたので、その言いつけをちゃんと守っていました」


男子から誘われた事は?

「まあ、ありましけど」

「ただ、当時は変に真面目な性格だったので」
「恋愛に憧れはあったんですけど、まだこの年齢で付き合っちゃダメかな・・・みたいな罪悪感があったんだと思います」


周りの女子友達の中には処女喪失が早かった子もいたんじゃ?

「いましたね」

「でも『そうなんだー』ぐらいにしか思っていませんでした」


引用元:「メンズサイゾー」


そりゃ当然、男子から告られますわな。

自らを教室の隅っこにいるキャラと言ってましたが、おそらくは自分が想像しているより遥かに多くの男子にオナペットにされてきたでしょう。

実は目立たないキャラどころか、クラスの男子全員のオカズだったかもしれません。

告ってくるのは一部の自信のある男であって、エマちゃんの事を好きな男はもっといるわけですからね。

きっと同級生の男で、エマちゃんとセックスしたいって思ってるヤツはたくさんいただろうなぁって思います。

しかし、親の教育のたまもので、エマちゃんは誰とも付き合う事なく、誰にも処女を奪われる事なく、スクスクと育っていったわけですね。

私は親が子供の性を過剰に縛るのは良くないと考えていますが、まあ過剰というほどでもないし、お母さんの作戦はうまく行ったという所でしょうか。

基本、中高の男子は誰でもいいからヤル事で頭いっぱいですからね。

気軽に付き合うとつまらない男に引っかかる可能性も高いわけで、まあ結果良しという事で。

ona211128-05.jpg

しかし、恋愛についての願望は、別の形で現れる事になります。

それじゃオナニーとかもしてませんでしか?

「してましたよ」

オナニーはいつから?

「中2だったと思います」

「少女漫画のHなシーンでムラムラして初めてオナニーしました」


少女漫画だとセックスシーンまでは描かれませんよね?

「そうですね」

「だからこの男女はこの先どうなっちゃうんだろう・・・って勝手に想像しながらオナニーしていました」

「もし白馬の王子さまみたいな彼氏がいたらこういうふうにリードしてもらえるのかなとか・・・色々と妄想していました」


引用元:「メンズサイゾー」


少女漫画のHなシーンをきっかけとして、恋愛に対する憧れがオナニーに転換された瞬間ですね。

もちろん、そもそも付き合っている男性がいても、漫画のHなシーンに興奮してしまう事はあるでしょうが、ここまでの話を整理してみるとエマちゃんの場合は恋愛への憧れはやっぱりあったのではないかと考えます。

特に「もし白馬の王子さま・・・」の部分ですね。

先ほど中高の男子は誰でもいいからヤリたいと書きましたが、それでももちろん好きな女の子と一番やりたいと考えてるわけです。

ただ、モテる男子や考えの進んだ男子なら良いのですが、大抵の男子が女の子と付き合う方法もわからず、努力もできず、悶々としているわけです。

恋愛したい、恋愛したい、恋愛したい、、、

そうやって悶々とした結果、クラスの好きな女子をオカズにシコっちゃうわけですね。

エマちゃんの場合は具体的な男子を思い浮かべたわけではないですが、やはり優しく頼りがいのあるカッコいい男性にリードしてもらいたいという恋愛への憧れが、悶々としたものになり、オナニーとして現れたのだと推測します。

ona211128-06.jpg

実際、本人に自覚はないだろうし、親の教育もあって、そこまで恋愛したい恋愛したいとは表向きは感情に出てなかったでしょうけどね。

そもそもクラスの具体的な男子ではなく、白馬の王子さまと言ってる辺り、その頃の同年代の男子には興味はなかったのもあるのでしょう。

また、そもそもエッチな事にはそこまで関心がなかったと言いつつも、オナニーはしているという点も面白いですね。

女にも二面性があるというか、普段あまりエッチな事ばかり考えているわけではないのに、ある時ふっとスイッチが入る事があるのでしょうね。

きっとその頃、日本舞踊を踊ってる瞬間のエマちゃんと、部屋でこっそりオナニーにふけっていたエマちゃんはまるで別人のようになっていたでしょう。

オナニーなんてしなさそうな子が実はオナニーしている・・・

当時の同級生もエマちゃんがオナニーしているとは想像しなかったかもしれませんが、こういう女の二面性が、女はオナニーしないという誤解を生むのかもしれません。

ちなみに私はオナニーをしている時の顔こそ、本当の顔だと思ってますけどね。

ona211128-07.jpg

さて、当時のオナニーの方法についても言及されています。

やり方はどうやって知ったんですか?

「携帯で『女 オナニー やり方』って調べました」

「そのとき見つけたサイトには『パンツの上から撫でてクリの部分を触るとだんだん濡れていきます』みたいなことが丁寧に書かれていたんです」

「最初は指を奥まで入れるのが怖かったので、第二関節くらいまでしか入れられませんでした」


引用元:「メンズサイゾー」


割と具体的に語ってくれてますね。

このようにやり方を調べるという子を最近はよく見かけます。

究極な事いっちゃえば、オナニーにやり方も何もないんですけどね。

その人その人のやり方で本能赴くままやればよく。

しかし、私だって最近は何やるにもググってみますから、ネット世代にとってはオナニーの方法を調べるのも当然の行為なのかもしれません。

ちなみに当ブログも『女 オナニー やり方』とか『女 オナニー 方法』みたいな検索ワードで訪れている方は結構いらっしゃいます。

Googleの分析によると、当ブログに訪れる凡そ30%くらいは女性の方なので、もしかしたら第二のエマちゃんのような女性も、オナニーの方法を調べようとしているのかもしれませんね。(あくまで18禁のブログですけど!)


いやー、それにしても恐る恐る第二間接まで指を入れていたエマちゃんが、まさかこんなにエッチに積極的な職業に就くとは、当時の友達たちも思ってもみなかったでしょう。

基本的にエロとは隠すものですから、先ほども書いたように人間エロくなってる時こそが本性だと私は思ってます。

学生時代のエマちゃんより、今のノリノリのエマちゃんこそ、本当の素に近い状態なのではないでしょうか。

今のお仕事に頑張ってるエマちゃんはもちろん素敵です!

ona211128-08.jpg





■幼稚園の頃から床にマンコを必死にこすりつけてたアイドル

女優名:
丸果尻ゆうこ
オナニーを覚えた年齢:
幼稚園
当時の方法:
床擦りつけオナニー

ona211128-09.jpg

さて、この企画をやってきて初めてAV女優以外の女性の登場です。

とは言っても、2016年にすでにブログで取り上げた、グラドル・着エロアイドルの丸果尻ゆうこ(まるかじり ゆうこ)ちゃんのカミングアウトをこちらの記事に転載という形です。



他にもアイドルのオナニーカミングアウトはブログ内でも取り上げてきたのですが、せいぜいオナニーやってるよ、とか頻度程度の情報でしかありませんでした。

その点、丸果尻ゆうこちゃんはAV女優でもないのにかなり詳しくオナニー遍歴を語ってくれているので、このAV女優カミングアウトデータベースのほうに組み込んだほうが良いと考えたからです。

ですので、すでに読んだ事のある方もいるかとは思いますが、未読の方も多いと思いますので、こちらに転載して整理する事にしました。

新情報はありませんが、考察部分を若干アップグレードして転載しました。

ちなみに丸果尻ゆうこちゃんはいわゆる着エロ作品を出していたアイドルですが、もちろんAV作品は出していません。

それにも関わらず、当時テレビで盛大にオナニーのカミングアウト(週8回オナニーしている)をした事で話題になりました。

着エロアイドルという事で、多少はエッチな事を語る土台があったとしても、AV女優以外でここまで語ってくれる子はなかなかいません。

現在はアイドルも引退されていますが、現役アイドルのオナニーカミングアウトという事で、女性のオナニーについて紐解く上で、非常に貴重な情報となっています。

ona211128-10.jpg

ちなみにここで取り上げているのはテレビでの発言ではなく、その後別の取材に応じているものです。

こちらのほうがテレビで語れないレベルのかなり生々しい所まで語ってくれています。

以前、テレビで「週8回オナニーしてます!」って発言しましたが

「はい。あっ、でも…本当は、8回以上してるんですけど(笑)」

実際は週に何回くらいしているんですか?

「う~ん、数えたことないですね、暇な時は一日中しているから(笑)」
「テレビとか見ているうちに、いつの間にかムラムラして来ちゃうんですよ」


オナニーはどこでするんですか?

「自分の部屋です」
「私、床がないとダメなんで!床オナ派ですから」

「まだ実家にいる時は、お母さんにバレないように、トイレの床で縮こまって斜めになってしてました」


引用元:「メンズサイゾー」


いやぁ・・・かなり赤裸々に語ってくれます。

こんなカワイイ子が・・・ハァハァ(´Д`)・・・(笑)

まあ私も、オナニーってずっとしちゃうほうが自然だと思います。

週1とか2って、逆に何なんだよって思っちゃう(笑)

だって、気持ちいいじゃないですか。

オナニーの回数少なめに答える子って、サバ読んでると思うなぁ。

また、床オナというのが生々しいですね。

実家の頃のトイレでのエピソードもヤバイ。

実家ですとオナニーをする場所に苦労しますからね。

トイレの床は足を広げるには狭いでしょうけど、オナニーをするために縮こまって斜めになって擦りつけていたというのはリアリティがあります。

通常、トイレの床なんて、実家のであっても女子には汚く感じるものでしょう。

そこまでしてオナニーしたいんだっていうのが伝わってきますね。

しかし、アイドルが床オナしてるって、想像するとすごい絵です。

あのエッチな下半身を必死に擦りつけていたのかと思うと、、、妄想が広がりますね。

ona211128-11.jpg

オナニーはイクまで止めない?

「やめません」
「しているときに事故とかに巻き込まれたら、逃げ遅れちゃうかも」


初オナニーはいつごろなんですか?

「ええと…たぶん幼稚園の頃ですね」

「子供の頃って、ゴッコ遊びが好きじゃないですか」

「私、女の子同士で『不倫ゴッコ』とかやっていたんです(笑)」

「それで、その最中に何故か股間を床に擦りつけたりして…そこからですね」


どんなものをオカズにするんですか?

「女の子は“物語”を求めるなんてよく言いますよね、シチュエーションというか」

「でも、私はそんなことないんです!ストーリーなんて、逆にどーでもいい(笑)」

「ビジュアルだけでいいんです」

「美しい身体のフィギュアなんかを見ているだけでも、わー! ってなっちゃうんです」

「BL(=ボーイズラブ)とかでも、綺麗な男の子同士がしている場面が好きなだけなんです、絵的に」

「そこに私が入って、こうしたい…とかいうのはぜんぜんないんです」


引用元:「メンズサイゾー」


先ほどのエマちゃんが白馬の王子様とのストーリーを想像していたのに対して、ストーリーは不要と言い切る丸果尻ゆうこちゃんの発言が印象的です。

ビジュアルをオカズにするというのは割と男脳寄りなのかもしれません。

そういう私はオカズにストーリーや背景も重要視しているのですが、男性の中にはビジュアルのみでオカズにできる人もいるようですからね。

まあ、女性が全員、妄想オナニーが好きってわけではないでしょう。

妄想が好きっていうのは、昔は女性はオナニーのオカズを手に入れるのが難しかったというのもあると思います。

今は女性でも手軽にエロいものを手に入れる事ができますからね。

男と同じようにAVやマンガをオカズにしてる子は増えていて、オカズに男女の差が少なくなってきているのかもしれません。

ストーリーはどうでもいいと言っている丸果尻ゆうこちゃんですが、彼女のビジュアルへの拘りは彼女の作品の世界観にも表れています。

そこら辺が着エロとかグラビアのお仕事と上手くマッチングしてたのでしょうね。

ona211128-12.jpg

さらには芸能活動について、こう語ってくれてます。

「今の東京って面白いものがたくさんあるじゃないですか」

「田舎にいたころは、毎日がつまらなくて妄想ばかりしていたんです」

「で、オナニーしてばっかり(笑)」

「それが東京に来たら、面白いものがそこら中にあって…」

「面白いものを探しているうちに、グラビアに出会ったんです」

「それで、いろんなグラビアのお仕事をするうちに、普通のグラビアよりも、着エロの方が面白そうだと思って、今に至るという」


引用元:「メンズサイゾー」


田舎にいた頃はやる事なくてオナニーばっかりしてたってのがエロすぎます(笑)

まあ、アイドルでも何でも一皮むけば一人の大人の女性ですからね。

子供がオナニーしてしまうのは、ある種暇だからと言われてますが、大人でも一緒なんですよね。

やる事なければオナニーしちゃう。

これが人間の本性だと思いますし、おそらくは一般のOLさんとか主婦の方も一緒なのではないでしょうか。

ona211128-13.jpg

しかし、こうやって夢を語ってくれてたのが、引退した今となっては、とても悲しく響きます。

願わくは、かつて語ったように、裏方として着エロの世界に関わっていてほしいですね。

そうじゃなくても、彼女が元気で、何か面白い事に出会えている事を、切に願います。

※ちなみにリンクを貼るのはやめておきますが、着エロアイドル引退後も、現在SNSは精力的に更新されていて、活動はされているようです。

ona211128-14.jpg





■エロに疎い純真少女でも兄弟の寝る三段ベッドでオナニーしてる

女優名:
柚木彩花
オナニーを覚えた年齢:
小3か小4
当時の方法:
同人漫画で知った指入れオナニー

ona211128-15.jpg

「35年の一人の逸材」という触れ込みで2016年に18歳でデビューした純真少女、柚木彩花ちゃん。

ショートカットが似合う、すごく可愛らしい女の子ですね。

活動期間は短く、1年も活動されてないのですが、彼女も貴重な情報を残していってくれています。

デビュー時は男性経験1人で、見た目通り非常に純朴な普通の子でした。

むしろ普通の子よりもエッチな知識には疎く、学生時代にはそれでからかわれた事もあったとか。

デビュー作の撮影時も監督が言っているエロ用語の意味がわからず、困惑したくらいのウブっ子です。

それでもオナニーは小3か小4の頃に覚えているんですよね。

つくずく、オナニーとはどんな女の子でもやっているんだなって思える体験談です。

ona211128-16.jpg

まずは学生時代のこんなエピソードから。

「高校の時、卓球部のマネージャーだったんです」

「審判をしていたときに『ワンナイン』とか読み上げていて『シックスナイン』って言ったら先輩たちがクスクス笑い出したんですよ」

何を笑っているのかなって分からなかったんですけど、私も『ニコッ』と返したんですよ」

「そうしたら先輩に『知ってんのか?』って言われて、なんとなくその場では知ってる扱いになったんです」

「でも、その後に意味を調べて、すっごく恥ずかしい思いをしたって思い出があるんです」


引用元:「エックスシティ」


シックスナインという言葉を知らなくて恥をかいたとの事。

高校生なら、まあ知ってますかね。

雑誌、ネット、漫画、、、それらから知識が入らなくとも、友達から聞いたりもするでしょう。

友達からも聞いたことがなかったという事は、それだけ周りからも<エッチな事とは関係ない純粋な子>という目で見られていて、相手にされてなかったと推測できます。

ところが怖いのは、こういう子もオナニー歴6年以上だったりするんですよ。(小4からと数えて少なくとも6年)

きっとこのブログを読んでいる方の周りにも、エッチな話を一切せず、エッチに疎そうな子がいると思いますが、オナニーをしているかどうかは別問題ですから騙されないように。

ona211128-17.jpg

ちなみに純朴・・・というか、そういう事をあんまり気にしてこなかった子なんだなって思った一つに、彩花ちゃんのマン毛がメチャクチャボーボーっていう事があります。

誤解無きように言うと、マン毛生えてたらダメって事じゃないんですよ。

むしろ私は興奮したし、可愛らしいと思ったくらいで。

ただ、おそらくこの世界に入る女性って、人に見られるのわかってるわけだから、ある程度手入れしていくと思われるんですよね。

で、彩花ちゃんがどれくらいの剛毛っぷりを見せてるかって言うと、、、

完全にパンツからマン毛がはみ出しちゃってるんですよね。

AV撮影じゃなくったって、これプールとか海とかどうするんだろうってレベルです。

着てる服から見ても、寒い季節ではないですよ。

もしかしたら学校のプールの授業とかでもハミ毛してたのかと思っちゃいますね。

ona211128-23.jpg

後ろから見るともっとモジャモジャなのがわかります。

肛門の周りにもビッシリと長い毛が生えてますから、まったく手入れしてないのがわかりますね。

もう一度言いますが、別に処理しないのはいいのです。

女性が毛の処理をするのが大変なのわかりますし(私も簡単には処理してますので)、マン毛がボーボーの女性と付き合った事ありますが、なんとも思いませんし。

むしろ、彩花ちゃんがボーボーなのが、毛の処理とかにも疎いのね、という印象があって、より純朴そうに見えるという話です。

ona211128-24.jpg

続いてオナニーの話です。

デビュー作でオナニーシーンを撮影しているのですが、その件について語ってくれています。

指を入れてたのは普段通り?

「あれは・・・」
「はい、してます 」


いくつからしてる?

「そ、それは・・・小3~4・・・ 」

中が気持ちいいって知ってた?

「漫画で見たんです」

「だから、そういうものなんだって思って最初は気持ちよくなかったんですけど、みんなやってると思ったので続けていたら・・・気持ちよくなってきちゃって・・・ 」


引用元:「エックスシティ」


デビュー作では監督から「普段やってるように」という指示があって、オナニーシーンが撮影されていたのですが、どうやら小3、小4の頃から指入れオナニーをしているようです。

ちなみにやり方は中指と薬指を膣に入れて、ズボズボというよりはクチュクチュと動かすようなやり方です。

エロの知識には疎いけど、オナニーについては偶然知ったのですね。

ona211128-18.jpg

その頃のオナニーについてはもう少し詳しく語っているものもあります。

オナニーはやってた?

「やってましたよ」

「初オナニーは小3くらいかな」

「『少年ジャンプ』のエロシーンでムラムラっとしちゃって」

「ただの少年漫画なんですけど、ボインな女の子が出てくるシーンを読みながら自分で触ったりしていました」


それは自分の部屋で?

「私、兄弟と一緒で三段ベッドだったんです」
「しかも真ん中」

「上と下に兄弟がいるので声を出さずにやっていました」


引用元:「デラべっぴんR」


兄弟が一緒に寝てるのにオナニーしちゃうってのが興味深いですが、その事はちょっと後に置いておいて、先にオカズについて考察します。

まず、彩花ちゃんの年齢から、小3、4の時期というのは2007年前後という事がわかります。

その頃の少年ジャンプのお色気漫画というと、、、

もしかしたら「いちご100%」で有名な河下水希先生が連載していた「初恋限定。」(ハツコイリミテッド)かもしれません。

ボインの女の子というのも「初恋限定。」に登場する巨乳コンプレックスの少女・渡瀬めぐる(わたせ めぐる)ではないでしょうか?

ona211128-19.jpg


出典:河下水希「初恋限定。」


なんとなく彩花ちゃんっぽくもあるし、自分を投影してオカズにしていたのかもしれませんね。

確実ではないのですが、かなり信ぴょう性が高い推察ではないですかね?

だとすると、エロ描写としてはそこまで強めではないはずですが、小3、4の女の子にしてみればこういうのでも刺激が強いのだなぁ・・・

ちなみに彩花ちゃんもおっぱいは負けてません。

それなりに大きく、形も良い美しいおっぱいをしています。

オナニーでおっぱいもいっぱい触っただろうし、それで大きくなったのかもしれませんね。

ona211128-20.jpg

さらにこんな事も語ってくれてます。

初めてオナニーしたときには罪悪感はなかった?

「いけないこととかエッチなことって気づいてなかったんです」

「それよりも『手が汚くなっちゃった』って思いました」

「寝ようと思ったけど、手を洗わなくちゃな~って。」


ネタは何?

「漫画のこともありますけど、その時に好きな男の子のことを考えたり 」

好きな男子とセックスしてるところを妄想する?

「いえいえいえいえ」

「ただ目の前に顔があると想像してます」

「真顔の顔が近くにあるだけでドキドキして・・・ちょっと特殊かもしれませんね・・・(笑)」


好きな男子とセックスしたい気持ちはなかったの?

「あったんですけど、恥ずかしいからシタくないような・・・」


引用元:「エックスシティ」


手を洗わなくちゃっていうのはマイペースでいいですね(笑)

そもそも兄弟が上と下にいるのに、マンコに指突っ込んでオナってるっていうのが面白い。

無防備なのか、無頓着なのか、、、

もしくは性欲に負けてしまうのか。

どっちかっていうと、指の話を聞くと、マイペースなので無防備なのでしょうね。

兄弟というのが兄か弟かわかりませんが、兄だとしたら気づいてたかもしれませんよ。

妹がオナニーしてるって。

実際、デビュー作のオナニーシーン見ても、すごい指がベトベトになってましたし、静まり返った子供部屋でいやらしい音がクチュクチュと鳴っていたと思われます。

無防備な彩花ちゃんでは、そこまで気が回らなかったでしょう。

また、好きな男の子を想像してオナニーしていたという話にも注目したいです。

彩花ちゃんの場合はエマちゃんと丸果尻ゆうこちゃんの中間のパターンって感じでしょうか。

漫画のおっぱいはビジュアルですが、好きな男の子っていうのはストーリーに近いわけですね。

エマちゃんの場合は具体的な男子は登場せずに、白馬の王子様となっていたわけですが、彩花ちゃんの場合は具体的な男子をオカズにしてたわけです。

ただ、セックスまでは想像しなかったというのが彩花ちゃんらしいでしょうか。

とにかくストーリーをオカズにするとしても、エマちゃんのように現実離れしたタイプ、彩花ちゃんのように現実にリンクしたタイプがいるというのがわかりました。

ona211128-21.jpg

そんなエロに疎いオナニスト・彩花ちゃんですが、AV女優になった事で、多くの男性のオナペットにされる事になりました。

活動が短かったのが残念ですが、AV女優を続けるのは色々と大変なのだと思います。

しかし私が思うに、そんな彩花ちゃんも学生時代には同級生たちにオカズにされていたと思いますよ。

特にシックスナインという言葉を知ったかぶりしたというエピソード。

おそらくはその場にいた男子達の間で「あいつシックスナイン知ってるんだ!」と動揺が走ったと思われます(笑)

その流れでオカズにされちゃったりとかは有ったのではないでしょうか。

ona211128-22.jpg





■自分の体に穴がある事に気が付いた好奇心旺盛なJS

女優名:
藤波さとり
オナニーを覚えた年齢:
不明(小 学校くらい)
当時の方法:
指オナニー
ペン挿入オナニー

ona211128-25.jpg

今回ラストはデビューして6年目というベテラン女優の藤波さとりちゃん。

元々は幸田ユマ名義で活動されていましたが、途中で改名しています。

エッチなお姉さんからツインテールJKまで幅広く対応できるさとりちゃんですが、私のイメージとしてはエッチなお姉さん寄りのイメージが強いです。

昔からブログでも書いてますが、理屈抜きに何だかエロい見た目の女性っているもんで、さとりちゃんも何だかエロい雰囲気を醸し出してるんですよね。

今回初オナニーについて調査してみてなるほどと思ったのは、さとりちゃんの性への好奇心の強さの部分ですね。

性に対して好奇心が強い女性は、エロさを滲み出している可能性があります!

ona211128-26.jpg

まず、どのような女性なのか?

本人曰く<面倒くさいオタク>との事です。

普段のさとりさんってどんな女の子なんですか?

「ひとことで言っちゃうとオタクですね(笑)」

「私が中高生の頃ってジャンプが『テニスの王子様』が最盛期で、『家庭教師ヒットマンREBORN!』、『D.Gray-man』が流行っている時期でずいぶん当時は夢中になっていたり」

「もっと言っちゃうと、お母さんもそういう趣味だったので子供のころから本棚の『HUNTER×HUNTER』、『ONE PIECE』を読んでたんですね」

「で、その本棚もよ~く見るとエロ本が収まっていて、それこそルフィとナミのえっちな本とか子供のころから読んでたんですよ(笑)」

「薄い本もアンソロもいろいろありました(笑)」

「で、お母さんの方も私がエッチな本に興味持って読んでいるのは知っていたけど、あえて触れずにいてくれたんでしょうね」

「漫画の趣味でうるさく言われたことはないですね」


引用元:「エックスシティ」


親が漫画をたくさん持っていたというエピソードは私も共感できます。

私もオタク(大した事ない低レベルのオタクですが)だと思うのですが、やはり親がたくさんの漫画を持っており、小さい頃から読んでおりました。

さとりちゃんの親ほどではないですが、中にはエロい漫画もあったりして、性の目覚めにはなってましたね(笑)

後述するように、さとりちゃんの性への好奇心は強いのですが、オタク気質である事も関連性はあると思われます。

オタクとは好奇心とか、こだわりとかが半端ないですから。

あとはお母さんのエロ同人とか、、、お母さん隠す気ゼロですね(笑)

おそらくお母さんはさとりちゃんが読む事にあまり頓着してなかったのでしょうけど、さとりちゃんのエロスを育む肥料になっていった事は間違いないですね。

ona211128-27.jpg

で、逆にセックス感については意外な反応がありました。

「だから男女関係なく趣味が合えば仲良しだったのでその頃から男友達も結構多かったと思います」

趣味を通じて恋愛に発展した事は?

「これがね、プライベートで恋愛経験って思い当たらないんですよ」

「気になる人がいる・・・まで行くこともあんまりなかったと思う」

「いまでもそんなにしたいとは思わないですね」


初体験は?

「本当に『初めて』をさかのぼると小6の時にいわゆる『いたずら』された時かな」

「でもその時は全然なんとも思わなくて」

「ずっと後になってセックスの知識とかをちゃんと持ってから『ああ、アレはそういうことだったのか~』と思い出したくらい」

「昔過ぎたし、何も知らなかったので遠~い記憶なんですよね」


自分の意思で初めてしたのは?

「高校に上がってからですね」

「友達に紹介された年上のお兄さんでしたね」

「私は恋愛感情無かったんですけれど、付き合ううちに向こうの方からそういう雰囲気出してきたので、求められるようにしてやったみたいな感じですね」

「本当に私、性欲と恋愛感情が結びついてないんですよね」

「だからこのときのセックスにもあんまり思い入れが無いんですよ」

「したはいいけど痛くもないし、気持ちいいわけでもないし・・・『こんなもんなんだ』で終わっちゃった」

「『こんなのなら、やんなくてもいいや!』って思ってましたね」

「子供の頃にえっちな本読んで『すごく気持ちのいいものなんだ』っていう漠然としたセックスへの期待があっただけに肩透かしでヤになっちゃった(笑)」

「だから私、セックスの良さが分かったのって業界に入ってからなんですよ」


引用元:「エックスシティ」


男の場合、思春期にセックスに興味なかったり、したくないと思うヤツは皆無だと思うのですが、これは女子ならではの反応なのかもしれませんね。

さとりちゃんの場合、エロに興味がないのではなく、セックスには惹かれないという事ですからね。

男だと、エロには女ありき、なので、セックスへの憧れとは切り離せないものがあるのですが、女にとってエロには必ずしも男は必要ではないのでしょう。

ここら辺は面白い研究テーマでもあります。

ona211128-28.jpg

で、オナニーについてですね。

セックスには興味がない(興味がなかった)さとりちゃんですが、オナニーは大好きなのです。

「自粛期間中はほとんどのメーカーの撮影がなかったのでお家にいたんですけど、いよいよやることがなくて1日中電マ握ってオナニーしてました」

「エロ漫画を読んでいたこともあって、そもそも小 学校くらいの時にはすでにやっていたと思うんですね」


その頃のオナニーはどんな方法?

「やっぱり指で触ったり、穴があるな・・・って気づいてからはペンを入れたり」

「ボールペンか細いマッキーか何かを使っていたのかな?」

「子供ならみなさんあるあるだと思うんですけれど、私も親のパソコンのCDとかフロッピードライブにおせんべいを入れたり、『ここに何か入るんだ』って思ったら入れてみたくなるじゃないですか」

「『(自分の股間に穴があれば)何か入るんだ!何か入れるために穴が開いてるんだ!』ってなりますよね(笑)」

「で、いろいろと調べていたらどうもペンくらいの太さのものが入るぞと!」

「不思議とクリトリスの方にはいかなかった気がしますね」

「ずっと穴でした」


引用元:「エックスシティ」


子供の頃のオナニー方法については異物挿入オナニーでした。

これ、今までの研究結果からみても、割と少数派です。

そもそもオナニーを覚えるのが処女のタイミングなのが圧倒的に多く、膣内はいじるのに抵抗が強い子が多いのと、入れたとしても指程度で、何かを入れるまでいかない子が多いためです。

ですので、道具を使うとしてもシャワーや何かの角、そして電マなどクリトリスへの刺激を重視する方向が多いです。

それでも過去のデータを見る限り、小3くらいから異物挿入をする子は現れますので、さとりちゃんもそれくらいの年齢だったのかもしれませんね。

ちなみに今回は「小 学校くらい」と幅が広すぎる発言だったので、オナニーを覚えた年齢のデータベース上はノーカウントとしました。

また新情報が出ましたら更新します。


それにしても穴があったから入れてみたというのはなるほどなという感想です。

まさに女ならではのエピソードですね。

ona211128-29.jpg

その後も貪欲に知識を吸収していく、さとりちゃん。

その背景には家庭環境もありました。

「当時はさすがにイクまではわかんなくて」

「それが分かったのが中3か、高1くらいのときかな」


その頃には知識もついてた?

「その点では子供のころから家にパソコンがあって、親と共用ではありましたけどインターネットで遊べてた環境だったのも大きいですね」

「なんとなくオナニーのやり方だったりも自分で調べたり」

「それこそ3歳のころからマインスイーパーやってた子だったので、パソコンは普通に使えてたんですよ」

「もしかすると同世代の子たちの中では早くエッチ系の知識を身につけていたかも」


引用元:「エックスシティ」


エロ同人をほったらかしにしているくらいのお母さんですから、パソコンの検索制限もしてないでしょうね。

エロい漫画があったり、パソコン使い放題だとこうなる良い例でしょう。

私としては子供がエロい事に興味を持つのを過度に制限すべきでないと考えてますので、これでよかったのだと思います。

一つ言えるのはエロへの好奇心というものは子供であっても強く、調べる道具さえあれば、どこまでも吸収していくという事です。

それがすなわち、人間の性欲というものなのです。

ona211128-30.jpg

そんなさとりちゃんですが、大人になってから電マに出会います。

最近は電マ愛用?

「本当に最近まで指派だったんですよ」

「オモチャ自体は現場で色々経験はあったんですけど、例えばディルドにしたらちょっと硬さが気になって」

「どうせならチンチンの方がいいなってなっちゃうから(笑)」

「プライベートのオナニーではオモチャのたぐいは使ってなかったんです」


電マが導入されたきっかけは?

「肩こりが気になるな~って時に、ドンキの店内見ていたら電マが売ってたんですね」

「これ、マッサージにいいんじゃないかなと思って買ったんですよ」

「ところが、肩に当ててずーッと振動させるには手が疲れちゃったりして使いづらかったんですよ」

「なのでそのまま放置していたんですけれど、ふと思い立ってオナニーに使ってみたら」


すごくよかったと?

「いいんですけど私には刺激が強いですね~!」

「撮影で使った経験はあるんですけど、人に使われるのと自分で使うのでは感覚も違って、すぐ「あー、もうダメダメ」ってなってしまうので使いどころを考えてます」

「指でやってる途中に変化が欲しくなったら・・・とか」


ゲームでいうところのブーストアイテム扱いですね。

「そうですね!」

「なので電マも使うけど指がメインです」


引用元:「エックスシティ」


電マはメインではないとの事ですが、刺激が強すぎるから制限しているようですね。

実際、女性にとって電マは中毒性が強く、あえて封印しているというカミングアウトもかつてありました。

子供の頃からずっとオナニーをして、性に向き合ってきた、さとりちゃんならではの、セーブのかけ方なのかもしれません。

ona211128-33.jpg

さとりちゃんにとって、目覚めはエッチなマンガかもしれませんが、そもそもオマンコを持っていたのがオナニーにハマった原因と言えます。

先ほど、エロには男がいなくとも女さえいれば成立すると書きました。

男は基本、女に欲情しますが、女は女にも男にも欲情できるというのもありますしね。

結局、オマンコさえあればエロスって成立するのかもしれません。

そういう意味では生まれた時から股間にオマンコをつけているって、女って最強だよねって言えるかもしれません。

少なくとも、さとりちゃんはそうですよね。

エマちゃん、彩花ちゃんは男の存在に興奮を覚えていましたが、さとりちゃんはオマンコへの好奇心でオナニーがエスカレートしていったわけですから。


そんなさとりちゃんのオナニーですが、どこか無料サンプル動画で見れるものはないかと探しましたが、ありました!

クチュ!クチュ!クチュ!

ona211128-31.jpg

ガク!ガク!ガク!

「ハァ!ハァ!ハァ!」

ona211128-32.jpg

パンツに手を突っ込んでオマンコをいじりながら、上半身が震えてる様子がなかなかエロいです。

短いシーンではありますが、良かったら見てみてください。


【↓DUGAにて無料動画再生】





さて、いかがでしたでしょうか?

一応、前回までの100名で一旦キリを付けたのですが、今回のように少しずつ追加していこうと思っています。

やはり少しでも情報が多くなれば、より真相に近づいていきますからね。

それではまた!


↓↓↓↓今までのまとめはこちら↓↓↓↓









Last Modified : 2022-09-08

コメント







非公開コメント