TOP >  オカズな映画 >  【映画のエロ】15歳のオナニー中毒少女 同級生をオカズにオナりまくる「15歳、アルマの恋愛妄想」

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>





<<抜ける無料サンプル>>
小学校高学年でオナニーを覚えて以来
大人になってもオナニーしまくってる美女
子供の頃やってたオナニーの再現オナニーや
男に乳首を舐められながら変態角オナニーをして
足ピンしながらイク瞬間が見れる


あっ!イク・・・くぁ・・・

【映画のエロ】15歳のオナニー中毒少女 同級生をオカズにオナりまくる「15歳、アルマの恋愛妄想」

ona160628-01.jpg

一般の映画における、エロシーン。
今回紹介する映画は「15歳、アルマの恋愛妄想」という映画です。
ノルウェーの映画で、一風変わった青春もの。

テーマはですね、そのものズバリ・・・
思春期の女子のオナニーです。

いや、本当は<田舎に住む少女の、上手く発散できない若い衝動>といいますか、思春期のモヤモヤ感みたいなものをテーマとしてるのですが、それをオナニーという形でうまく表現しているのです。
主人公の15歳の少女が、とにかくオナニーをしまくります。

演じているのはヘレーネ・ベルグスホルさんという女優さんですが、こういう普通の女優さんが多数のオナニーシーンを演じるとは、かなり体当たりな作品です。

私は男なので、思春期の男子の鬱憤とした気持ちなどは想像つきます。
特に、私も田舎出身ですので、どうしようもない閉塞感とか、そういうのはわかるつもりです。
田舎とか関係ないかもしれないですが、その年頃の男は、みんなオナニーしまくってますしね(笑)
エネルギーが有り余ってるけど、それを発散するための手段があまりないというか・・・
まあ、単純に気持ちいいからしてるってのもありますけどね。
でも、多くの田舎の青年にとって、セックスなど夢のまた夢。
彼女を作るのすら、一部のイケメンたちに許された特権行員だったのです。
どうしようもない鬱憤をオナニーにぶつけるしかなかったんですね。

この映画を見ると、実は女子も大きな差はないんだなと気付きました。
年頃の男子はエロい事しか考えてませんが、年頃の女子もそうだったのです。

主人公のアルマは、田舎の生活に辟易としていて、いつか故郷を離れる事を夢みてますが、具体的に何かをしているわけではありません。
妄想に浸るくせのある、くすぶった少女なのです。

ona160628-09.jpg

とにかく、年頃の女の子なので、年相応、もしくはそれ以上に性欲が強く、毎日のようにオナニーをしまくってます。
冒頭でのシーン。
母親の留守中に、知らないおじさんとテレフォンセックスにふけったりしています。

台所に寝っころがり、ジーンズを下ろして、パンツに右手をずっぽり入れるアルマ。

クチュクチュクチュ!

すごい貪欲な動きで、オマンコをかきむしってます。

ona160628-02.jpg

一般の映画で、普通の女優さんがオナニーを演じる場合、ゆっくりな動きで妖艶な演技をするのが多いと思います。
しかし、この映画では、かなりリアルな感じというか、生々しく、激しいオナニーを見せてくれます。

ゴシゴシゴシ!

とにかく右手の動きが半端ない(笑)
生々しいので、おそらく女優さんの実体験からくるオナニーなんでしょうね。
実際、こんなオナニーしてるんだろうなと、、、妄想が膨らみます。

ona160628-03.jpg

ガクガクガク!

激しく上下する二の腕。
直接股間を映すわけではないのに、こういう描写は逆にエロいですね。

アルマは、電話の相手のいやらしい言葉をオカズに、目をつぶって貪欲にオナニーにふけっています。

こんな時、女子は有利ですよね。
10代の男がテレフォンセックスしようとしても、できませんよ。
女子は、女子であるというだけで、いくらでもエロい事ができるわけです。

ona160628-04.jpg

さて、アルマには好きな男子がいます。
同級生のアルトゥール。

こんなにオナニーしまくってる同級生女子に惚れられてるなんて、うらやましい限りです・・・

ona160628-05.jpg

まあ、でも、二人は付き合ってるわけではありません。
散歩してる時にあったら、ちょっと話する程度。
田舎の思春期の男女なら、まあそんなもんでしょう。
都会ならどうなのかわかりませんが、田舎ってそういうもんですよね。

アルマも、アルトゥールにアタックするというわけでもなく、毎晩妄想にふけっています。
つまり、好きな同級生をオナペットにしちゃってます。

夜、アルトゥールが自分の部屋から忍び込んでくる事を妄想するアルマ。
こういう、さらって欲しい願望みたいなのが、女子っぽいですね。

ona160628-06.jpg

アルトゥールに乳首をクリンクリンされるところを妄想。
このエロい愛撫方法は、どこで覚えたんでしょうね。
女子はオナニーで、自然と覚えるものなんでしょうか。

ona160628-07.jpg

というわけで、毎日オナニーしてる様子のアルマですが・・・
アルマは母子家庭のようで、母親と二人暮らし。
冒頭のテレフォンセックスでも、途中でお母さんが帰ってきたので、慌ててズボンを履くシーンがあります。

実家でのオナニーは、親バレが最大のピンチですからね。
世の中の女の子たちも、こっそりオナニーするのに、色んな努力をしているのでしょうね。

ona160628-08.jpg

このままだったら、ただひたすらオナニーを繰り返すだけだったのでしょうが、ここで大事件が起こります。
事件が起こるのは学校の仲間とのパーティー。

同級生と酒を飲んで騒ぐ。
田舎もんにとっては、それだけで大イベントなわけですが、ここで予想を覆す事態が発生します。

パーティーの途中で、外の空気に触れようと、一人抜け出すアルマ。
すると、そこにアルトゥールもやってきます。

酒も入ってるし、二人きりだし、なんだかいい雰囲気の二人。
だったのですが、、、

ona160628-10.jpg

急に、自分のチンコを出して、アルマの太ももに押し付けてくるアルトゥール。
本当に唐突に(笑)

大人からしたら、まったく意味不明の行動です。
田舎だから・・・といって、そうそう起こる事件ではありませんが(笑)
女子が鬱憤としてるように、男子も発散の方法がわからないのでしょうかね。

アルトゥールの突然の行動に、アルマも

ポカーン(゜д゜)

ですが、ただ、悪い気はしてません。
好きな男が、ちょっかい出してきたわけだし、アルマ自身もオナニストなわけですしね。
意味不明な行動ですが、アルマは喜んでいる様子。

そしてこの後アルマがとった行動は・・・

ona160628-11.jpg

トイレに駆け込んで、即オナニー。

おそらく、チンコを生で見た事もない15歳が、ムラムラくるには十分すぎる体験だったのでしょう。
アルトゥールのチンコの造形や、チンコのぬくもりをオカズに激しくオナニー。

ゆっさゆっさ!

股間はカメラに映りませんが、体の揺れが激しすぎる。
生々しくて、めっちゃエロいオナニーです。

ona160628-12.jpg

パーティーのトイレで、同級生の女子がこんな顔でオナニーしてるなんて、ヤバイですね(笑)
そんなんあったら、めっちゃ興奮します。

また、女子が同級生の男子をオカズにしてるというシチュエーションがたまらなくエロいです。
アルトゥールも罪なヤツです。
アルマにこんなにオナらせるとは。

ゆっさゆっさ!
ゆっさゆっさ!

同級生の女子を、自分をオカズにオナニーさせまくりたいものです。
実は気づいてないだけで、オカズにされてたのかもしれませんが・・・
妄想が膨らみます。

ona160628-13.jpg

また、アルマの妄想が、結構乙女趣味な感じなのですよね。
男の場合、妄想でオナペットにするときは、もっと直接的にエロい事を想像します。
言ってしまえば、AVのワンシーンのようなところを妄想するわけです。

しかし、15歳の女子はちょっと違うのかもしれませんね。
エロいところも想像はしますが、恋愛に寄っているというか、王子様とお姫様みたいな、二人だけの世界みたいなのを妄想し、オカズにしているのも印象的でした。

女の興奮するポイントって、男とはまた少し違うのかもしれないですね。

ona160628-14.jpg

さて、トイレでオナニーしてすっきりしたアルマ。
友達たちのところに戻ってから、ついアルトゥールの一件を話ししてしまいます。

こんなの、普通ならば隠す事ですが、、、
酒も入っていたし、嬉しかったのもあり、ついポロっと言ってしまったのでしょう。
しかし、これが悲劇の始まりでした。

そもそも、チンコを出してきたなど、にわかには信じられない話。
さらに、その話をした、アルマの親友のイングリットもアルトゥールに惚れていたのがまずかったのです。

そんな話を信じたくないイングリットは、親友のアルマの事を、嘘つき呼ばわりして強く非難しはじめます。

ona160628-15.jpg

ここで張本人のアルトゥールも登場しますが、アルトゥールは事実を否定。
そんなことをするわけないとはっきりと言います。

こうなると、不利なのはアルマ。
必死に、真実を主張しますが、誰も信じてくれません。

アルマには妄想癖もあるので、あの出来事が本当だったのか?
これは映画をみている我々もよくわからないのです。

てか、仮に本当だとしても、チンコを出したことを認めるヤツなんていないと思うけど・・・(笑)

ona160628-16.jpg

ここからアルマは学校の中で孤立しはじめます。
クラスの人たちに無視され始める、いわゆるいじめです。

親友だったはずのイングリットは、アルマが孤立するように、追い込んでいきます。

もう一人の親友、サラは、アルマのことを心配していますが、それでも学校では話しかけることができない状態となってしまいます。

ちなみに、付いたあだ名が、、、チンチン・アルマ(笑)

ona160628-17.jpg

超ピンチのアルマ。
ここで、さらに追い討ちをかける出来事が、、、

高額のテレフォンセックス代が請求されたことにより、オナニーが親バレしてしまうアルマ。
親にオナニーが、、、それもテレフォンセックスがバレるなど、死ぬほど恥ずかしいことですが、学校のことでイライラしているアルマは逆ギレ。

ちなみにその代金は、バイトして自分ではらうことになります。

ona160628-18.jpg

知り合いの店で、レジ打ちのバイトをはじめたアルマ。
しかし、この店、全然客がいなくて超ヒマでした。

そこでアルマは・・・

ona160628-19.jpg

ゆっさゆっさ!

仕事中に、ついついオナニーをしてしまいます(笑)
コインをオマンコにこすりつけてます。

しかし、、、

ona160628-20.jpg

そこに客が(;´Д`A
いつの間にか、レジの前にお客さんがきていたのですが、オナニーに夢中で気付かなかったアルマ。

小さい女の子に、オナニーしてるところを見られた上に、、、
さらにもう一人の客が、アルトゥール!

小さい女の子は、不審に思えど、オナニーのことはわからないでしょう。
しかし、同級生の男子、それも好きな相手にオナニーを見られるとは・・・

それはそれでエロい(笑)

ona160628-21.jpg

アルマがいじめられているのは、アルトゥールがほぼ悪いわけです。
そもそもチンコ押し付けてきたし、シラを切るし。

本来なら、アルマから見て憎い相手。
しかし、、、

それでもアルマは、アルトゥールをオナペットにすることをやめません。
これが恋する少女というものなのでしょうか?

実際のアルトゥールは、アルマとは距離をおいてますが、妄想の中ではアルマに接触してきます。
そして、妄想の中で、家に連れ込むのです。

ona160628-22.jpg

「二人は何度も体を重ね・・・」

ona160628-23.jpg

「セックスし続けた・・・」

ona160628-24.jpg

「朝が来るまで」

ona160628-25.jpg

アルマの妄想なわけですが、ここまでオカズにされる、アルトゥールがうらやましすぎます。
かっこいい芸能人とか、まさにそうなんだろうなー。
私もイケメンに生まれ変わったら、多くの女性をオナニーさせまくりたいです。

とにかくオナニーが止まらないアルマ。
アルトゥールをオカズに毎晩毎晩オナニーをします。
そして、オナニーしてる声を母親にまで聞かれる始末・・・

ona160628-26.jpg

こういう、女子のオナニーについて、ここまで描いた映画はなかったのではないでしょうか?
でも青春とオナニーって、切っても切れないものですよね。

この映画も、アルマのオナニーシーンはエロいですが、非常に爽やかな青春を描いてます。
見終わった時に、何か心に残るものがあると思いますよ。

さて、学校ではいじめられるわ、オナニーもやめられないわ、この後どうなっていくのでしょうか?
ここから先も、ひと波乱ふた波乱ありますよ。
ぜひ、本編をみて、結末を確かめていただきたいですね。







Last Modified : 2021-03-21

コメント







非公開コメント

恭子のオカズネタ

たしかにスマタはそれこそセックスの一歩手前ですからね、そこでハマって足ふみ状態になるとか今なら考えられない状況ですよ(笑)

赤ちゃんができたら困る、処女喪失はかなり痛いらしい、というビビリもあったのはたしかですが、私は超のつくほどの妄想オナニストだったので気持ち良ければ満足という風潮もありましたね

しかし美智子もそれだったのは確かですよ、オナニーはしたことないし、しようと思わない的な事を言ってる割に、明らかにここが気持ち良い、こうすれば気持ち良い的なことを言ってましたからね(笑)

私と付き合う1〜2ヶ月前ぐらいから急にコンタクトとセミショートにイメチェンしてましたが、それまでは地味メガネの三編みガリ勉風小娘だったんですけどかなりのムッツリスケベだったはずです(笑)

オナニーしたことない、と大抵の女の子は言いますが、ほとんどが嘘だと思いますよ


さて、美智子と付き合い始めてからもいつも私をイジったりムカつくことを言ってくる恭子は恰好のオカズでした。

「お前は年上のおねえさま系が好きかと思えば、年下好きだったとはお笑いだ(笑)まあお前には年下相手がお似合いだけどな(笑)なんかあったらこの恭子おねえさまが相談ぐらいは乗ってやるから言ってきなよ(笑)」てな感じでしたね

「正朗の妹とはうまくいってるのか?お前は本当に鈍くてビビリなやつだもんな、女の扱いとかマジでわかんなそうだから何でも相談してこいよ?(笑)この恭子おねえさまが受け答えしてやるからさ(笑)」

とか面倒見はめちゃめちゃ良い感じのことは言ってましたが大半は「プッ(笑)悪い悪い(笑)あの年下のおこちゃまとお前がおままごとみたいな付き合いしてるとこ想像したら笑いが止まらん(笑)」などとからかうのがメインでした

まあその実態はおままごとどころか、凄まじいエロエロな内容とは全く想像できてなかったんでしょうね(笑)

恭子の制服は肩幅と丈を丁度良く仕立てた感じでしたので、デカすぎる胸の部分がパツパツというかパンパンというか、性格はともかく目の保養には持ってこいでしたね(笑)

あのオッパイがいきなり倍のサイズになったら制服はどうなるんだろ?パンパンどころじゃなくなるだろうな、とか、公園の噴水みたいに母乳が飛び出て止まらなくなったら慌てるだろうな、と、まあいろいろオカズ妄想を楽しんでました(笑)

「こんな胸じゃバレーできねえじゃねーか!!」「早くこの胸を元に戻せよ!!」と騒ぎ立てる恭子に「もともとデカい乳がさらにデカくなっただけじゃねーか、まあさすがにこれはデカすぎか(笑)」と言葉攻めをしていじめる妄想は定番でしたね(笑)

ムカつくけどオカズにしたい、オカズにするのをやめられないというジレンマ(笑)まあムカつくから妄想でめちゃくちゃにしてやりたいという、まさしく恭子はオカズになるべくして生まれてきた女です(笑)

あの反抗的な態度やムカつく態度で体型変化をさせられても歯向かわせる、最後は全く刃が立たず無様に敗北して泣かせる、というのが恭子のオカズルーティンでしたね(笑)

女子バレー部はけっこうかわいい女子が多かったので、全員まとめてオカズにすることもありましたね。ウイングマンのドリムノート的な感じの妄想で、バレー部の女子たちにノートのネタバレをし、

まずは「実奈子のオッパイのサイズが10倍になる」と書き、ペチャパイ実奈子の胸が人並みの巨乳サイズになり一同驚く、そこで皆にも体験してもらうということで

「残りのバレー部の女子全員のオッパイのサイズも10倍のサイズになる、そしてサイズに比例して母乳が多く噴き出す」と追加で書くと、恭子が「お、おい!やめろ!そんなことしたらわたしは、、、」と叫ぶがもう遅い。

オッパイがドッヂボールぐらいになった子や、バレーボールぐらいの爆乳になった子、はたまたバスケットボールぐらいのオッパイになったりで大パニック、みんながキャプテンは?と恭子を探すと

ビーチボールぐらいのオッパイになり大噴水のように母乳を噴き出す胸を抱えてよろめく恭子が「おい!何てことしてくれたんだ!?早く元に戻せよ!!」と(笑)

恭子のオッパイでの10倍は他の人より遥かにデカくなる、という妄想もよくしてましたね(笑)

あと別のパターンで「女子バレー部全員、バストサイズ1カップにつきマイナス2歳になる」と書くと、恭子が慌てて「まてヨッシー!その設定だとわたしは‥‥」

だいたいの女子はA~Dなのでマイナス2歳〜マイナス8歳の範囲内に納まるはずなので、みんな3歳〜8歳ぐらいのバラバラの年齢になり慌てふためく中、実奈子だけ13歳ぐらいで済んでいる(笑)

そんな中、恭子の練習着だけ床に落ちていて「あれ?きょんちゃん(恭子)は???」と、その練習着を除けると

「バブゥ〜バブゥ〜(ヨッシーてめえ元に戻しやがれ!!)」と赤ちゃんにまで逆戻りした恭子が、、、Gカップ以上あった為に赤ちゃんになってしまった恭子が13歳の実奈子に抱えられる。

という妄想にもハマってました、まあバレー部キャプテンの恭子が一番無力化されてしまうというパターンが興奮の秘訣でしたが(笑)

という訳で恭子のオカズ率はハンパじゃない状態でした、美智子が乳首が敏感なこと、オマンコをいじりまわしたら気持ち良くなって悶ることを知ってからは

恭子も乳首やオマンコをいじりまわしたらぴくんぴくんなって気持ち良くなる、というのが解り、妄想の幅が大きく広がりましたね(笑)
2021-10-15-12:59 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

モウソウさん

Re: 美智子

>ヨッシー

スマタまで経験していたとは驚きです(笑)

ここまでエッチな事をしていたのに、本番に至らないというのは結構珍しいケースではないのでしょうか?

多くの場合、好奇心から、男女ともなくどちらかからの申し出で挿入を試したくなってしまうものだと思います。

なんならスマタした事ない女性もいるでしょうからね。

処女なのにスマタ経験済みというのはすごい贅沢な状態ですね!
2021-10-12-00:17 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

美智子

リアルオナホ、リアルダッチワイフというフレーズはかなり興奮しますね!さすがモウソウさんです!!

そうなんですよ、美智子は一生懸命だったはずなのに頭の中では恭子をオカズにしてましたので、常に背徳感だらけでした、それがまた興奮だったのですが(笑)

くだらない昔話にお付き合いいただいてる上に、リアルオナホ&リアルダッチワイフという興奮するネタまでいただき感謝感激ですよ!


さて、話は美智子との次のステップに進みます(笑)

正朗、陽一郎、和弘の3人からよく聞かれてたのは、私と美智子はいつも部屋にこもってばかりでデートとかしない派だな、と言われてました。まあ外ではキスしたり手コキや手マンとかできないのが理由でしたが(笑)

二人で外に出るときは駄菓子屋にうまい棒とかお菓子を買い込みに行くぐらいでしたが、たまに隣の街まで自転車やバスで出かけることもありました。

そう、情報収集です(笑)、SEXというものに対して二人ともあまりにも知らなすぎたので、知り合いに会わなそうな離れた隣町の本屋とかでひたすら情報収集をしてたのです(笑)

私はエロ本をひたすら立ち読みしたり購入したり、美智子は女性雑誌とかのエッチな記事をひたすら立ち読みし、後からお互いに情報を持ち帰り、美智子の部屋でノートに書き取りをするというアナログ作業(笑)

私が朝刊の新聞配達をしてたので、いつももらって帰る東スポ系のスポーツ新聞のエロ記事を切りとってたものもスクラップ作業し、二人であーだこーだ言いながら勉強してました(笑)

チンコをオマンコに入れて射精したら赤ちゃんができてしまう、ゴムを着けるか射精する直前に外に出す、という理屈は理解しましたが、なかなか踏み込みきれない状況でしたね

正朗や両親にバレないよう、資料は私が都度持ち帰ってました、両親ともに警察官という職業の家系だけにそこは用意周到でしたね。女の子が親にエロ本を見つかるというよりも、男である私の方がまだましという理屈でしたが(笑)

しかしなぜかよく分かりませんが美智子の成績が急激にアップしてたので、両親は私と美智子がいつも一緒に勉強することに関しては大歓迎されてたというか、むしろテスト前は呼びなさいという七不思議でした(笑)

勉強というのは名目だけで、内容はひたすらキスしまくって手コキと手マン、しかも割合的には美智子を何回もイカせてるという真相を知ったらお父さんと正朗からぶん殴られるぐらいじゃ済まなかったはずです(笑)

さて、ある時、美智子が女性週刊誌やファッション雑誌とかのちょっとえっちなコーナーで調べてきた内容で二人とも興味を挽いたものがありました。素股というものです(笑)

お互い横になって股の間ににチンコを挟んでオマンコに擦りつけたり、何回もオマンコにチンコを当てる、というのをやってみよう!ていうことでやりはじめたのですが、チンコをオマンコに当てるという行為すらしたことなかったので、

まずはそれからということになりました、ベッドでふとんを深くかぶってお互い横になり、ズボンだけズラしてお互い性器を出して接触させる、ただ美智子の興奮と恥ずかしいがり方が半端じゃなく、チンコをオマンコにつんつん当てているだけで気持ち良くなりイッてしまうというスタート(笑)

「なにこれ‥‥先輩‥‥めちゃめちゃ気持ち良い‥‥なんだろこれ‥‥」と何回も美智子が呟いていたのが記憶に残ってます、今思えば女の本能というかスイッチが完全に入ってしまってたんでしょうね(笑)

しばらくは二人とも素股にハマりにハマって、これもまた初体験を遅らせる大きな要因になってしまってたんですよ(笑)
2021-10-03-20:19 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

モウソウさん

Re: 美智子

>ヨッシー

青春ですね。

しかし、とりあえず付き合ってみるかという判断が良い方向に行くことは多いですよね。
人間の好きだ嫌いだという感情は案外曖昧ですから、ずっとそばにいてくれる相手のほうが、幸せな結果になる事もありますし。

ただ、ヨッシーさんの元カノに対して失礼な話なのですが、まるで美智子がヨッシーさんにリアルオナホ、リアルダッチワイフ的な扱いをされているのが背徳的ですね(笑)

恭子をオカズに、美智子で抜いてたわけですから。
2021-10-02-13:06 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

公開記者会見的なことをやろうとしたら、美智子の公開処刑みたいになったのは今でもハッキリ覚えてますね(笑)

中1の春ぐらいから2年近くの間、けっこうな頻度で正朗の家に遊びに行ってたのに、美智子とまともに会話したことなかったんですよね。

トイレを借りる時や近所の駄菓子屋にお菓子買いに行く時とかに何回も美智子とは遭遇してましたが、陽一郎や和弘と話すことはあっても私とは挨拶程度しか会話がなかったです。

それだけにいきなり手紙を渡された時は完全に不意を付かれたというか、かなり動揺したのは確かですね。その翌日返事を伝えに行くまでは、正朗の推測の1つにあった通り

真紀先輩の代わりにという訳ではないですが、とりあえず付き合ってみよう的な考えでOKの返事を伝えたのですが、その場にしゃがみ込んで泣きだした美智子を見て、本当に考えが変わりました。

「ダメだと思った、絶対ダメだと思った‥‥」と、震えて声にならないぐらい泣きじゃくる姿は今でも忘れられません「一晩中ずっと後悔してた、断られたらもう家にも来てくれなくなるかも、告白しなければよかった、って」

校舎裏だったから誰も見てないとは思いますが、女の子にあんなに号泣されるのは初めてでしたので焦りに焦りました(笑)「ホントに‥‥ホントに付き合ってくれるんですか‥‥?‥‥冗談‥‥とか言いませんよね‥‥?」

「夢‥‥見てる‥‥みたいです‥‥だって‥‥2年間ですよ‥‥2年間ずっと、ずっと‥‥片想いだったんですよ‥‥夢みたいです‥‥」自分自身も身を持って当てはまるその言葉は他人事とは思えず、美智子がいかに勇気を振り絞っての決断だったか、というのが伝わりました。

とりあえず付き合おうかな的な考えで返事を出した自分を恥じましたね、ひょっとしたら真紀先輩が言ってた私に近いうちにきっと幸せが訪れる、という言葉は美智子のことを言ってたのかな?と当時は納得してました。

正朗が私を試すために確認してきた時、私が遊びやなんとなくではなく、真剣に美智子と付き合ってると判断した、と言ってましたが、その時は正真正銘、真剣でしたね。

ただ、私のせいで大切なかわいい妹をオナニー中毒みたいな変態に調教しつつある、という罪悪感はありましたが(笑)
2021-09-28-07:21 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

美智子

時系列は美智子の兄の正朗に付き合ってるのがバレて、なんとか許してもらった時に戻ります。

やはりきちんと美智子と一緒に報告とお詫びがしたいという事と、隠していたことを友達である陽一郎と和弘にも噂で知るのではなく自分から報告したい、と正朗に話しました。

正朗は「まあ俺達の仲だからな、お前に彼女がいるという噂はけっこう広まってるみたいだし、美智子とあいつらも知らない仲ではないし、お前が自分から話すのがいい」という事でその週の日曜日に公開記者会見的なものをやることになりました(笑)

たしかに、私に彼女ができた説はその前の週ぐらいからなぜか爆発的に広まりつつあったんですよね、同級生の女子の間では私が入学当時から一途に真紀先輩ラブというのは有名だったみたいで誰一人手出ししてこなかったんですよ(笑)

私が2年生の時には1年生のテニス部の女子と、もう一人女子から交際を申し込まれたことがありましたが、一瞬で瞬殺されたという噂はけっこうみんな知ってたみたいで、それ以降浮いた話題はなかなか出なかったみたいでしたが、、、

真紀先輩にフラれた、というのは広まってはいないというか、結局どうなったんだろうね的な感じと、想いは遂げられず高校編に突入なのかな的な感じしか噂されてなかったみたいでした(笑)

その週の日曜日、午前練習が終わって正朗と一緒に家に行くと美智子が母親と待ってて、母親からは「ヨッシーくん、美智子から話は聞いたよ?あらためてよろしくね彼氏さん(笑)」と笑い転げてました。

美智子は「恥ずかしいから一瞬で報告終わらせて先輩と部屋に行っていい?」と正朗に何回も同じ事を言っては都度怒られてたのが今でも新鮮に覚えています(笑)

陽一郎と和弘が来るまでの間、正朗と美智子と会話をしてましたが、正朗は「美智子は私が先輩が好きで好きでたまらなかったから無理言って付き合ってもらった、友達の妹だからむげに断れなかったんだと思う、悪いのは全部私だから先輩は全然悪くない、と泣くし、

ヨッシーはヨッシーで自分が美智子に惚れ込んで自分から交際を申し込んだ、美智子は兄の友達だから嫌だと断ってきたけど、美智子が大好きだから何回も交際を申し込んで無理言って付き合ってもらった、お互い自分を盾にして必死に相手をかばいあってるんだから、まあ本気なんだろうな、と思った」と

「まあ一連の流れを見てた俺は展開的に美智子が言ってるのが真実でヨッシーが虚実ってわかるが、ヨッシーが必死に身を呈して美智子をかばってる姿はまさに爆笑もんだったぞ(笑)」と笑ってましたね。

美智子はそれが嬉しくてたまらなかったらしくて、正朗からそれを聞いた時は家で飛び跳ねて喜んでたらしいです。

正朗はさらに「美智子が一方的に交際を申し込んでヨッシーが断れずに迷惑してる場合、ヨッシーがただ単に真紀先輩の代わりに手頃な相手としてとりあえず美智子と付き合ってた場合、二人それぞれに話を聞いて少しでもそう判断してたら即座に別れてもらうつもりだったんだけどな(笑)」

付き合うのを決めた動機は後者が正解だったんですごく心が痛かったですが(笑)

そうこうしてるうちに陽一郎が現れて、正朗の部屋で正朗の正面に私と美智子が並んでかしこまって座ってる姿を見て大爆笑してました(笑)

「大事な話があるとか言ってたが、俺の読み通りの展開になってるじゃん(笑)アハハ腹いてえ〜(笑)」とお腹を抱えて笑ってましたね(笑)

陽一郎いわく「簡単な推測じゃん、先週ぐらいからヨッシーに彼女がいる説が流れ出してたからな、ヨッシーが真紀先輩にフラれた事を明確に知ってるのは女子バレー部の連中と俺らだけなんだよ、

その時点で二人に絞れたけど、それでいて後から彼女は1つ下という噂が流れてきたら一人しか該当しない、1つ下の間ではヨッシーに告白しても年上の片想いの人がいるから瞬殺されるという噂をほぼほぼ知ってるはず、タイミング的にみっちゃん、あなたが犯人だ(笑)」

さすがにチーム全体を指揮しながらパス回しをし、地区で最高峰の司令塔と言われる陽一郎らしい推測でした(笑)

「付け加えて言えば、ヨッシーはその手の話には超がつくほど疎くて鈍感だ、ていうか恐ろしいぐらいそういう空気には気づかない、相手から明確に告白されない限り付き合うのはなかっただろうから、告白したのもみっちゃん、あなたですね?(笑)」

美智子は顔を真っ赤にしながら「陽くんもうやめてよ!!」とモジモジしっぱなしでしたね、正朗は当然にしても陽一郎が薄々気付いてたというのはさすが幼なじみだと感心しました。

そして少し遅れて和弘が現れて

「ヨッシーお前彼女が出来たんだってな!!しかも1つ下の彼女なんだって?(笑)あ、ちょうどみっちゃんもいるじゃん!!みっちゃんと同じ学年にヨッシーの彼女いるんだろ???誰だか知ってる???」

「あ、え、え、うん、、あの、、和くん、
、あのね、、」と言ってる美智子をよそに

「どんな子?その子かわいい?みっちゃん隠さないで教えてよ???」と更に間髪いれずに突っ込む和弘

さすがに美智子を助けようとして「和弘、俺が説明するから‥‥」と口を挟むと

「あ、そっかお前に聞けば早いんだよな(笑)、じゃあお前の彼女って誰???名前は何ていうんだ???、、、ていうかその子かわいい???」とまだまだ怒涛のように突っ込む和弘。

思わず、うん、と答えると、正朗と陽一郎は大爆笑、美智子は手で顔を隠して「きゃー!!もうやだよー!恥ずかしすぎるよー!」と私の後ろに隠れてしまいました(笑)

それを見てようやく和弘が「ヨッシー‥‥お前の彼女って、まさかみっちゃん‥‥なの?」と、いやはや私よりも遥かに上を行く鈍感さに美智子以外はしばらく笑いが止まりませんでした(笑)

細身で私とさほど体格が変わらないのに、誰にも当たり負けしないポストプレーヤーで、20〜30m以上の距離からでも強烈なシュートをガンガン打ちまくる地区最強のトップ下、

明るい性格と1プレイでチームの暗い雰囲気もガラッと変えるムードメーカーは、いやはや、本当にガラッと雰囲気を和ませてくれましたね(笑)

呆気に取られてた和弘が我にかえったのか、さらに「みっちゃん!ヨッシーとはどこまでの仲まで進んでんの?もうキスはした?(笑)」と聞くと

「してないよっ!もう、、部屋にもどっていいよね?先輩はやく行こっ?」と顔を赤くしながらそそくさと私を部屋に連れて行こうとする美智子。

それが初めて美智子の部屋に入った日でした、キスどころかお互い全裸で手コキ&手マンをしている仲まで進んでいて、それ以降、美智子の部屋で延々と繰り広げられていくことになるとは(笑)
2021-09-26-10:36 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

美智子

それにしても事あるごとに美智子をイカせまくってたのは事実ですね、日曜日の午前練習後も、陽一郎と和弘は正朗の家と近所だから一回帰宅して昼ごはん食べてから来てましたが

私の出身小学校は中学からかなり離れている辺境の地区なのと、正朗の家とは真反対なので5キロぐらい距離があることから、帰宅せず正朗と一緒に帰り直接美智子の部屋に行って弁当を食べ、持ってきた私服に着替える、という用意周到なやり方でした。

正朗の母親は3人一緒に食べればいいじゃない?(笑)と言ってましたが、美智子もお盆にごはん乗せて部屋持ってきて二人で食べるのが定番でした、卵焼きとタコさんウィンナーは私が作ったとかなんとか言いながら幼稚な会話で(笑)

しかも正朗は新婚さんいらっしゃいとか何かしらテレビ見ながらゆっくりごはん食べるので、その間に先に一回イカせ合うという凄まじさ(笑)、

そして陽一郎や和弘が来るまでの1時間ぐらいの間にまた何回かイカせ合うという、あれはお互い手コキ&手マンでしたがある意味オナニー中毒でしたね(笑)

チャイムがなって陽一郎と和弘が現れたら靴を見て「お邪魔しまーす!お!相変わらずヨッシー来てるぞ、またみっちゃんの部屋か?どっちが一緒に居たいってただコネてんのかね?(笑)」と声が聞こえだして。

これも定番で私が美智子に「今日はあと危ないからやめとく?」と聞くと「いやだ‥‥したい‥‥」と顔を真っ赤にしながら下を向いて恥ずかしそうに言う美智子がまた可愛くてたまりませんでした(笑)

一度例の見つかりそうなことがあった件から、友達が揃った後の時間は私が全裸になることは避けて、美智子を全裸にすることが多くなりましたね。

ただ、私が美智子をイカせる時は相変わらず恭子をイカせる妄想ばかりしてました(笑)
美智子を全裸でよつん這いにさせて、お尻を見ながらオマンコを触りまくっては恭子のデカ尻はこれより更にデカいよな?的な感じで(笑)

真紀先輩は細見で真横から見たらプリンと突き出した感じのデカ尻で大きく見えましたが、恭子のデカ尻は横にデカい感じでまさしくデカ尻でしたからね。チビの実奈子はこれより遥かに小さい尻だな、と美智子の全裸を見てはオカズ女子の裸を思い浮かべてました(笑)

まあ美智子を全裸にしてる時も何度かピンチはありました。「ヨッシー、ゲームの対戦代わってくれー?みっちゃんも一緒においでよー?」とか言われた時は慌てましたね(笑)

私が先に正朗の部屋に行き「美智子は宿題の書き取りが中途半端だからキリの良いとこまで終わらせてから来るってさ」と誤魔化したりしてました(笑)

しばらくして正朗の部屋のドアをノックして美智子が来ましたが、ゲームをしてる私の横にさり気なくちょこんと座る姿を見て、陽一郎と和弘は笑ってましたね(笑)

「みっちゃんは本当にヨッシーが好きなんだな〜?常にそのポジションは譲らんし(笑)」とゲラゲラ笑ってましたが、その位置取りはいつもの手コキ&手マンのポジションだというのは知る由もないですね(笑)

まあ、正朗と陽一郎と和弘は同じ町内で、小1からサッカーのクラブチーム以来の付き合いですので、もともと美智子との繋がりも深いみたいでした。

付き合いだしてしばらくしてからは私と美智子を1セット扱いにして、ゲームや河川敷での草サッカーに美智子も引きずり込まれてましたね(笑)
2021-09-24-21:31 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

モウソウさんへ

モウソウさんありがとうございます(笑)

美智子はイくのを我慢させると一生懸命我慢する姿がおもしろいし可愛かったですよ(笑)

寸止めした時の表情や不意打ちでまた激しく手マンした時のリアクションが可愛くて可愛くて(笑)そのせいで現在もそういう性癖にハマってしまったんですよね

当時のメンバーとの再開とネタバラし大会はそんな羨ましがるようなものではないですよ(笑)

大爆笑とアホすぎる、と方腹痛い内容です(笑)まあたしかに青春というか当時は青臭いというか懐かしいですよ

当時は一生懸命背伸びして私のあとをちょこちょこひっついて回る美智子が可愛くて可愛くて仕方なかったのはたしかです

しかし美智子とのお医者さんごっこ的なイカせ合いの中で、頭の中では真紀先輩や、恭子のただでさえデカい乳がさらくデカくなる妄想ばかりしてたという背徳感(笑)

美智子をイカせるときは、頭の中では恭子が「な、何だこれ!?あ、アソコが変だ!?あ、あ、や、やめろ、あ、あ、あ、とめてくれ、、あ、あ、お、お前、、いい加減、、に、、しろよ、、あ、あ、あふう!」という妄想までする始末(笑)

>性格はがさつというか男まさりというか、>かなり口が悪かったです。

>そういう子ほど、オカズにした時に興奮し>そうです。
>妄想の中で好き放題にしてるわけですからね。

そうなんですよ!!美智子に手コキしてもらってる時はいつも恭子を好き放題いじめる妄想ばかりしてました!!ロリポップの水をかぶると子供になる術で恭子を幼児にして

「なんだこりゃ!?あたしのからだがこどもにもどっちまったぞ!?ヨッシーなにわらってんだ?さてはおまえのしわざだな!?はやくあたしをもとのからだにもどせよ!」

うるせえチビ、と言いながら恭子の豆粒みたいになった乳首とオマンコをいじりまくり「うわっ!やめろ!きもちよくなっちまうじゃねーか!?あ、あ、あ、たちゅけてー!」ペチャパイチビの実奈子よりオッパイ小さいな、といじめる妄想や

デカいオッパイを微妙にひと回りデカくして、ブラがきつくなって慌ててる時に「恭子どうした?あれ?なんかいつもより胸がデカくなってねーか?(笑)」といじめる妄想をしながら美智子に射精まで処理させてました(笑)

なんというかまあ、美智子が大好きなのに、美智子とするときは毎日顔を合わす恭子をいじめるのをオカズにするという背徳の日々でした(笑)
2021-09-22-07:19 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

モウソウさん

Re: モウソウさんへ

>ヨッシー

迷惑だなんてとんでもないです。
この話、面白いですよ!

ちなみに美智子がイカされまくってるのが臨場感があってエロいです(笑)

当時のメンバーに再会したというのは、青春ですね。

なんだか羨ましいです。

また続き書いてください。
2021-09-21-01:56 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

モウソウさんへ

くだらない体験談をだらだら書いて申し訳ございません、が、まだちょっと続いていいですかね?(笑)

この話、15年後ぐらいから名前が出た登場人物達とプチ同窓会を開くようになるのですが、そこでいろいろ衝撃的なネタバレが出てきだすんですよ(笑)

私がたまたま立ち寄ったうどん屋で働いてた実奈子とばったり再会した事をきっかけに、次に真紀先輩と3人で喫茶店で再会し、その次から恭子が加わり、そのまた次に美智子が加わり、と

徐々に当時の真相や裏話、ネタバレを聞いてみんな大爆笑ものの内容だったんですよ
(笑)まさに「なんじゃこりゃ!?」的な

真紀先輩いわく「これ文章力がある人が書けば一冊の本かドラマにできる内容(笑)」と笑いすぎて涙こぼしてました(笑)

15歳のオナニーのストーリーには遠く及ばない話ですが(笑)

モウソウさんがご迷惑でなければそのあたりまでお話してよろしいですか?
2021-09-17-16:34 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

真紀先輩とのお別れ

これも時系列は少し外れて真紀先輩とのお別れ編です(笑)


バレー部との接点を得た私はこのあと真紀先輩の卒業式の日まで2年間近く思いを告げることが出来ず、膠着状態がひたすら続くことになります(笑)

恭子からは情けない、根性なし、男らしくない、と小ばかにされ続けてましたが、真紀先輩の卒業式にようやく玉砕というか、フラれたというか、とにかく終わったんですよ(笑)

少しだけお話いいですか?と勇気を振り返って声をかけた私に、快く応じてくれた
真紀先輩。


「ヨッシーくんは何も言わないでね、私の話の方を聞いて」「昔、話したよね?レギュラーの数は限られてる、幸せになった人がいれば幸せじゃなくなる人もいるって」その時点でフラれる流れだと覚悟はしてました(笑)

「私はいま幸せで、ヨッシーくんは幸せじゃなくなる、でもそう考えるのはマイナス思考だよ?視野をもっと広くもってごらん?ヨッシーくんが気付いてないだけでヨッシーくんのごく身近に幸せがいっぱいあるんだよ?」

「でもヨッシーくん自身が幸せになることばかり考えてはダメだよ、ヨッシーくんのことを好き、大切と言ってくれる人を大切にしてあげること、幸せにしてあげること、それが自分自身の幸せに繋がるんだよ」

「私はそれを身を持って体験してるからわかるんだよ、だからヨッシーくんに幸せになってほしいと心から願ってる、頑張ってね、ここで立ち止まらないでね?一歩を踏み出す勇気忘れちゃだめだよ?」

すごく大人で重みのあるありがたい言葉でした、その場で涙が止まらなくて本当に困り果てましたね、ただフラれるだけではなく今まで自分が信じた人に間違いはなかったと思いました、何時間も涙が止まりませんでしたね(笑)


それからすぐ終業式で春休み直前、ある意味抜け殻みたいな状態だった私に恭子が「春休みにバレー部の卒業生の送別会で焼肉バイキング行くんだがお前も来いよ?真紀先輩も来るぜ?」

と誘われましたが「俺はいいや、雰囲気壊したくねーし遠慮しとくよ」と断りました「付き合い悪いなー、まあまた誘うから次は来いよな」まあそんな気分にはなれませんでしたね。

春休みが終わりいよいよ3年生、新学期が始まりこのままじゃいけない、真紀先輩に笑われる、かっこいい男にならなければ、そしたらあわよくば真紀先輩が付き合ってくれるかも、と気合いを入れ直して部活に集中して頑張ってました。

その2週間後のことです、給食室から部室に向かう途中に美智子が手紙を渡してきたのは、、、
2021-09-17-16:09 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

ここで美智子

まあ時系列は少し外れて美智子との背徳ですが(笑)

兄の正朗にバレ、あれだけ隠れて付き合ってたにも関わらずなぜか短期間で周囲にバレまくった私と美智子は、まあ堂々と付き合いだした訳なんです。

日曜日はうちは母がいて、家が狭く自分の部屋があるとはいえ、フスマひとつで食事部屋というか母の部屋ということで、美智子の部屋に行くようになったんですよね。

美智子の部屋も正朗の隣なんですが、フスマ隔ててという訳ではなく、きちんと廊下とドアがあるのでウチより安全ということで行ってたのですが、当然隣の正朗の部屋は相変わらず和弘と陽一郎が(笑)

最初の頃は美智子と隣合わせに座り、お互い股間に手を入れて手コキと手マンをずっとやってましたね、顔が向き合うと美智子は恥ずかしいのか顔を隠すか目をつぶるんですよ

なので、隣に座り手コキ手マン、余った手で手を繋ぐというのが当時のスタンダードでした。しかしここでいろいろ分かったのが、美智子は隣の部屋に兄と和弘、陽一郎がいたほうが興奮するみたいなんですよ(笑)

まあ自分も背徳感があって興奮が増してましたが、美智子は明らかに感じまくるんですよね、声を押し殺すのに必死な美智子を見るとまた私も興奮するという(笑)

会話もけっこう聞こえますので「今日ヨッシーみっちゃんの部屋来てるんだよな?」とか「それにしてもやけにおとなしくね?静かすぎるし本当に生きてんのかよ?(笑)」
とか「お〜いヨッシー!生きてるかー?みっちゃんに変なことすんなよ〜?(笑)」

その度に興奮してビクビクする美智子(笑)「うるせー変なことなんかするわけねーだろ?(笑)」と返すと「みっちゃんの安否確認がまだだ(笑)」と(笑)

「ほれ美智子」と即したら顔を真っ赤にして「無事だよー」とオマンコをぴくんぴくんさせながら(笑)無事じゃないんですけどね(笑)

私も隣に友人がいるのに美智子のオッパイやオマンコをいじって声を出すのを必死に堪えさせながらイカせる、という新たな性癖に目覚めてしまいました(笑)

途中でちょくちょく「おーい!ヨッシーこっちの部屋に来いよー」と呼ばれることも多々あったので、私は着衣の場合が多かったんですが

美智子だけ全裸にさせるパターンはよくあり、その時はそれはもう美智子の興奮は凄かったですね、顔を真っ赤にして恥ずかしがりながらもお互い股間を触りたい、というまさにガキンチョそのまんまでした(笑)

私だけ全裸のパターンもごく少数ありましたが、一度、陽一郎が美智子の部屋の前まできて「おーいヨッシー、ちょっとゲームクリア頼む」とノックしてきた時は参りました

私は慌てて美智子のベッドに入って布団をかぶり、顔を壁側に向けて寝たフリ、美智子がドアを開けて陽一郎の対応に、大丈夫なのか?と心配しましたが。

「しーっ‥‥陽くんごめんね、先輩疲れててぐっすり寝てるから‥‥起こさないでゆっくり寝かせといてあげてね‥‥」と、予想外に上手く対応を。。

「え?あいつ今日はみっちゃんと宿題やると言っといて爆睡かよ(笑)ていうかなんでヨッシーは先輩で俺は陽くんなんだよ(笑)」

陽一郎を追い払うと、ふぅ〜っと息を吐いて小声で「緊張したよぉ‥‥」と、いやはや、美智子の底力を見た瞬間でしたね(笑)

隣に正朗だけならまだしも、和弘と陽一郎が来てる時は危険だからやめとこうか?と勧めたら「いや‥‥したい‥‥」とモジモジしながら呟いてましたので、美智子もハマってたんでしょうね(笑)

手コキ&手マンが慣れ始めてきた頃、私はさらに背徳な快感を得るようになりました、それが二人の初体験を遅らせる要因になってたのではないかと思いますが。

美智子の部屋でオッパイを揉んだり乳首をつねったりしながら、頭の中では真紀先輩のオッパイを揉んでる様子や恭子のオッパイを揉んでる様子をイメージすると、めちゃめちゃ興奮するんですよね(笑)

その頃は真紀先輩は卒業してしまったので、毎日顔を合わせる恭子と実奈子の二人をイメージしやすかったので、もともとオカズにしてたこともあり興奮が倍増するんですよね(笑)

恭子は当時は彼氏はいませんでしたが、私が知る限りでは10人ぐらいの男子から告白されてて、その度にことごとくフッてるんですよね、実奈子も何人か告白されたみたいですが、今はそれどころじゃないという理由でフッてたみたいです。

恭子に「5組のあいつから付き合ってと言われたんだろ?何で断ったんだよ?顔も頭も性格も良いし、女子からモテてるやつだぞ?」と聞いても

「好みじゃないんだよなー、強いて言えばあいつのあたしを見る目つきや視線が嫌いだったんだよ、ていうか身の程を知れってやつだ、あたしと付き合うにはまだまだレベル不足だな(笑)お前は論外だが(笑)」

的な感じで恭子も手の届かない高嶺の花的な感じでしたからね、まああのパンパンに膨らませたオッパイならいろんな男どもに狙われても仕方ない感じでしたね(笑)


美智子が恥ずかしがりながらも全裸で一生懸命私のチンコを気持ち良くしようと手コキしてくれてる時に、頭の中では恭子が「今日は生意気言ってすまん、お詫びに気持ちよくしてやるから許してくれ」と言って全裸手コキしてる姿を想像したり(笑)

一生懸命頑張ってる美智子には口が裂けても言えない妄想ばかりしてましたね(笑)美智子の裸を見てからはクラスメイトの裸とかも想像しやすくなったこともあったんでしょうけど(笑)

美智子が気持ち良くて足がピンとなる様子や声を押し殺しながらイッてピクンピクンしてる姿を見ながら、恭子や実奈子もこんな感じになるんだろうなと考えるとさらに興奮してました(笑)

美智子は本当に良い子でいつも私にべったりで可愛くて仕方なかったんですよね、それなのにいつも違う女子を妄想してしまうというのが背徳心で、そこがまた興奮してしまうというジレンマが(笑)
2021-09-17-16:04 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

つづき

女子バレー部に顔を出せるようになったとはいえ、告白なんかそうそうできる訳でもなく、真紀先輩を見れるだけで幸せな感じでしたね。

ただ恭子にしてみれば、せっかくお膳立てしたのに的な感じで文句ばかり言ってました。女子バレー部員と面識が深まったことでこの時期から実奈子という同じクラスのバレー部の子も応援してくれるようになりました。

以前同級生のオカズネタでお話しした背が小さくて胸はド貧乳だけど顔はめちゃめちゃ可愛いロリロリタイプの子です。恭子と家が近所で幼稚園時代からの親友らしく、恭子を学級委員に推薦したのもこの子です。

けっこうな頻度で恭子とは口喧嘩が多かったので、それを仲裁する役目が大半でしたね。まあ真紀先輩も恭子と同じ町内で同じジュニアクラブだったとその時聞きました。

「お前いつになったら真紀さんに告白すんだよ?ほんっと根性なしだな」「入学式の日にひと目見たときから一目惚れしましたとか、どこの三流ドラマだよ!今どきラブコメでも少女漫画でもそんなもんねーぞ!」

それで腹を立てて言い返した私と口論になりかけては実奈子が止めに入るというパターンが何回も何回も(笑)

1年の夏前、他校との練習試合の前日に顧問からスタメンを言い渡され、嬉しさのあまりバレー部の部室前で真紀先輩に報告に行った時に、恭子が「ばーか!練習試合のスタメンとかあたしなんか入部してすぐ出てるぞ」と言い出し、急に真紀先輩が場所かえようと。

何だろ?的な感じでしたが「二人ともそれは皆の前で言っちゃダメ、レギュラーの数は限られてるでしょ?、だから誰かが幸せになったら誰かが幸せじゃなくなる、2年生、3年生でも出られない子もいるんだから気をつけてね、ま、レギュラー昇格おめでとう、明日頑張ってね」 

大人というか人間ができてるというか、やはりこの人に惚れた自分の目に狂いはなかったと確信した瞬間でした(笑)

翌日の練習試合ではなんとか結果を出すことができ、同じく1年でその試合大活躍した西小の天才ミッドフィールダートリオと急激に仲が良くなるきっかけでもありました。

私はフォワードだったので、その天才1年トリオからの絶妙なパスのおかげでその試合5得点という鮮烈な対外試合デビューを飾ることが出来たんですよね(笑)

針の穴を通すようなずば抜けたパスセンスを持つ陽一郎、ミドルからロングまで長距離砲からポストプレーもこなす和弘、そして3人目は敵陣を激しくかき回す天才ドリブラーの正朗、この正朗が美智子の兄なんですよ。

天才トリオは昔からファミコン、PCエンジン、MSX、といろいろゲームを持ってる正朗の家に集まってよくゲームやらで盛り上がってたみたいで、その中に私が誘われだして通い始めた感じです。

1年で4人だけレギュラー、2年生部員からはもちろん、同じ1年の部員同志でもちょっと浮いた感じな立場になりつつあった私にはそれは嬉しくてたまらなかったですね。

正朗の家に初めて遊びに行った日、トイレを借りに1階に降りようとした時に階段ですれ違ったのが、眼鏡をかけてセミロングの一つ結びの地味な感じのおとなしい小6の女の子とすれ違いました。

それが美智子との初めての出会いなんですけど、その当時はまさか後々付き合うことになるとか想像すらできませんでしたね(笑)
2021-09-12-11:14 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

恭子のオナネタ

さて、ここで入学当時のオナニーのオカズの妄想小話をお話しさせてください。

入学してからしばらくの間は毎日顔と胸を見る恭子をオカズにしまくってました。年齢操作はどっきんロリポップを見てからでしたが、もともと女性の体型変化という特殊な性癖は持ってたんですよね。

モウソウさんはドラえもんのビッグライトはもちろんご存知ですよね?そうです、オナニーのオカズ妄想でおっぱいにだけ上手くビッグライトを当てたら、グググッ‥‥とおっぱいだけデカくなる、という妄想をよくしてました(笑)

特に入学当初はかわいくておっぱいがめちゃめちゃデカいのに、口が悪くてクソ生意気な恭子をいじめて泣かす妄想ばかりしてましたね(笑)

ビッグライトを恭子の胸に当て、ただでさえデカいおっぱいをバスケットボールサイズやビーチボールサイズに膨らませ、あたふたさせたり、恥ずかしがらせたり、困らせたり、泣かしたり、というのが定番でした

もちろんビッグライトですから豊胸というより拡大ですので、当然、恭子のただでさえデカいであろう乳輪と乳首もいっしょにデカくなるわけです(笑)

ビーチボールサイズのおっぱいにフリスビーサイズの乳輪、ソフトボールサイズの乳首、、、そんな姿に変わり果てておっぱいを抱えてヨタヨタ慌てふためく恭子、、、かなりオカズにしまくりましたね!

あと、モウソウさんはからだポンプというのをご存知ですか?吸盤みたいなのを身体の一部に着けて簡易的な空気入れみたいなポンプをシュコシュコすると、その身体の一部分だけムクムクとデカくなるやつです

それを恭子のおっぱいに着けて、片方ずつムクムク膨らませるのをよく妄想してました(笑)なんかポンプとかでおっぱいを膨らませるのってめちゃめちゃエロくないですか?(笑)

あと、のびちぢみスコープ、これはかなりマニアックなんですがご存知ないでしょうか?

スコープを見ながらダイヤルを右か左に回したら対象の人物が縦にひょろ長く伸びたり、逆に潰れて横に広がったりしてしまうんですよね。

まあ簡単に言えば人間をひょろひょろノッポかチビデブに変えることが出来るんですよ、ストーリーではのび太のママを痩せさせようとして間違えてギュムっとチビデブにしちゃうんですが、

これには衝撃が走りましたね!見るも無惨なチビデブ化したのび太のママですが、なんと明らかにおっぱいが2〜3倍ぐらい

デカくなってたんですよ!

女性はいきなり太らせたらおっぱいがデカくなる!しかもチビデブという笑える体型、恭子にはムカついてるがオナニーのオカズとしては上物、というわけで、ただでさえボインな恭子をチビデブにしたらどうなるか?

恭子がギュムっと身長100センチぐらいのチビデブになり、Gカップクラスのおっぱいが
3倍ぐらいに膨れ上がる

「何だこれは!?いったいどーなってんだ!?ヨッシーお前あたしに何したんだよ!?早く元に戻せよ!?」と騒ぎまくる様子を妄想しては興奮してましたね(笑)

という感じで序盤は恭子をいじめるオナネタばかりしてました(笑)
2021-09-09-20:33 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

それからしばらく、学級委員の仕事も気まずいものでしたよ、たまに口を開いたかと思えばムカつくようなことばかり(笑)

「お前、この前の土曜日の1年対2年の紅白戦で2点取ったそうだな?良かったじゃねーか、真面目にサッカーやってるっぽいから安心したぞ(笑)まあうちのサッカー部はこの辺の地区の王者らしいからな、お前みたいなやましい動機で始めたやつがどこまで通用するか見ものだな(笑)」

「お前球拾い卒業したんだってな?1年のくせに良かったじゃねーか、ただ西小から来た同じ1年の3人もいっしょなんだろ?あいつらは小学生のクラブチーム時代から有名なやつらだ、中学から始めたお前とは月とスッポンだ、図に乗らんようにしとけ」

そして、ある日
「お前まだ真紀先輩のこと狙ってんのか?お前ごときが釣り合うわけねーから、さっさと告白して派手にフラれて玉砕してきやがれ!そしたら悔いなくサッカーに専念できるだろ?まあフラれたときは笑ってやるからさ(笑)」

それでさすがにカチンときた私は「いちいちうるせえな!お前どんだけ性格悪いんだよ?心配しなくても告白しようにも俺は先輩とは面識も接点もねーんだよ!余計なお世話だ!!文句しか言えねーならもう二度と俺に話しかけるな!」

しばらく恭子とは挨拶と必要最低限の会話以外無言の日々が続きましたが、ある日恭子の方から「たしかお前キャプテン翼の単行本持ってんだったな、あたしんとこは北斗の拳持ってるから貸せよ?」

は?という感じでした。「うちはみんなバレーばかりしかしてねーからサッカー漫画は持ってねーんだ、読みたいから貸せよ、代わりに北斗の拳貸すから」

しばらく無言状態だったのに何なんだ?と聞き返すと「来週月曜日持ってくるからお前も持ってこいよな?ブツの受け渡しだが、教室に漫画持ち込めねーし、外でお前と受け渡ししてるとこを他のやつに見られたくねーな、お前なんかと付き合ってると勘違いされるのなんか死んでもごめんだ」

相変わらずムカつくやつだ、、また今晩妄想でめちゃめちゃオカズにしていじめよう、、と考えてると

「朝、部活の練習着とか道具を部室に置くじゃんか?バッグに入れて部室に置いとくから、部活が始まる前か終わった後にバレー部の部室の前まで来いよ?分かったか?」

勝手に決めんな、と言おうとしたら恭子はさっさと教室を出ていきました

さて、月曜日に部活の終わりにバレー部の部室の前に漫画を持って行くと、恭子が待ってて「遅いぞやっときたか、ほれ、北斗の拳の1巻だ、それとちょっと待ってな」

部室に入っていった恭子が出てきた時には、他の同級生のバレー部員数名「同じクラスで学級委員いっしょにやってるヨッシーだ、サッカー部やってる、漫画たくさん持ってるみたいだからここでブツの受け渡し場所にしたい、よろしくな!」と

なんでこんなことに、、と考えてたら部室から「ごめんね着替え遅くなった!あなたがヨッシーくんね?恭子から話はよく聞くよ!これからもよろしくね!」と真紀先輩が、、、

うろたえて目のやり場に困り恭子の顔を見ると「ふん!恩に着ろよ!」と

という訳でバレー部の部室前に行くことが出来るようになり、この日から真紀先輩とも話す口実が出来た私でした


つづく
2021-09-09-19:38 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

真紀先輩を初めて見たのは私の中学の入学式の時です、私の中学では新入生が入場する時は2年生が一人一人交互に「入学おめでとう」と書いた紙で出来た手作りのカーネーションを渡してくれるんですよね。

たまたま私にそれを渡す順番だったのが真紀先輩なんですよ、カワイイ!おっぱいデカっ!という訳でもう一目惚れだった訳なんですよ!名札もしっかりチェックしてましたし(笑)

そんでもって入学式が終わって教室で担任の紹介やらなんやらですが、私の隣の席が恭子だったんですよね、けっこうカワイイけどさっきの先輩には及ばんな、ていうかおっぱいさらにデカっ!という感じでした(笑)

その日の夜さっそく真紀先輩と恭子のおっぱいをオカズにオナニーしまくりました!そう、記念すべき第一回目のオナニーでした(笑)

入学式から2日たち、真紀先輩がバレー部と知り、私が入部したサッカー部と近い部室棟(プレハブがたくさんあるとこ)というのを知りましたが、何ぶん面識やきっかけがないんですよね

しかも隣の席のNo.1ボインの恭子がなんとバレー部に入部してると知り、なんとか恭子をきっかけに真紀先輩と繋がりを持ちたい、と考えてる時に帰りのホームルームで追い風が、、

学級委員を男女2名決める、という流れになり、女子の方は恭子の小学時代からの友達らしき女子が恭子を推薦しました。男子は推薦も立候補も何もない状態、担任が女子は他に推薦や立候補がない為恭子で決定しました。

そして男子は膠着状態になるかと思いきや恭子が「あたしが推薦するのはありですか?ありなら時間がもったいないので隣の席のヨッシーくんを推薦します、ヨッシーくんいいよね?」とひどい展開(笑)

という訳で、昨晩オナネタにしたばかりのスーパーボイン恭子と学級委員をやることに、ちょっとドキドキしながら放課後に担任と恭子と3人で説明会。

担任が教室を後にしたあと、恭子が口から出たセリフが「悪い悪い、なんかあのままウダウダ時間だけ過ぎると思ったからさ、悪いが指名させてもらった(笑)よろしくなヨッシー!そういやヨッシーお前昨日さっそくサッカー部に入ったんだってな?あたしもバレー部に入ったぞ、お互いがんばろうな!」

先生がいなくなった直後の豹変ぶりに驚きを隠せませんでしたね、学級委員は毎日、日直が書いた日誌を確認して職員室の担任の机まで渡しに行くというものでした。

何日か過ぎ、恭子と漫画やTVの話とか世間話もいろいろすすみだし、ある日部活の話になったところで、いよいよ切り出しました(笑)

「バレー部に真紀先輩っているよな?」というのから切り出し「真紀先輩?まだ日が浅いのによく知ってんな?真紀先輩がどうしたんだ?」

「いや、別に、ただ聞いただけだよ」と言うと「んなわけねえだろ(笑)なんだ?お前まさかその真紀先輩のこと好きなのか?そーだろ?おい?(笑)正直に言えよ?(笑)」としつこく聞いてきましたので、つい「うん」と答えたんですよね

恭子を上手く使って真紀先輩と話すきっかけを作れる、という目的に一歩近づいたと思いきや

「おい、ヨッシー!お前まさかバレー部と部室が近いからサッカー部に入ったんじゃないだろうな?もしそうなら最低だぞ!スポーツを、部活をバカにするな!!真紀先輩もあたしも真面目に、真剣にバレーやってんだよ!!そんな下心丸見えな動機でサッカーなんかすんじゃねえ!見損なったぞ!」

そう言い放ち怒りながら恭子は教室を後にしました、いやはやいきなり最悪のスタートになってしまったものです(笑)


つづく(笑)
2021-09-09-19:34 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

モウソウさん

Re: No Subject

> 続いていいですか?(笑)

はい!ぜひ
2021-09-06-23:29 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

まあ追々お話ししますと言ってたエピソードですが(笑)

美智子と付き合うきっかけになったのが、私は部活が始まる前に給食室に余った牛乳を数個貰って飲んでから部室に向かう、というのがルーティンだったんですよね

ある日を境に給食室から部室に行く途中にちょくちょく美智子とすれ違う事が多くなりだして、やあ美智子ちゃん、とか、あ‥失礼します的な社交辞令みたいな感じでした。

しばらくそういうのを繰り返してましたが、ある日、いつものように社交辞令してすれ違った時に「先輩待ってください」と呼び止められ手紙を渡されたんですよ、

手紙の内容は幼稚な感じでしたか初めて会った日から好きです、とか、付きあってください、返事は明日この場所でお願いします、という内容でした。

さてさて、不意を突かれた当時の私は慌てに慌てました(笑)私としては片思いというかオナペットの真紀先輩という人がいまして、それまでに何人かの後輩に交際を申し込まれても都度断ってきたんですよ。

当時の私は彼女が出来たらもう真紀先輩は私と付き合ってくれない、相手にしてくれなくなる、真紀先輩を諦めないといけない、という幼稚な考えだったんですよ(笑)


部活中もずっとそれが頭の中で葛藤し、夜帰宅しても考えに考えましたが、真紀先輩は本当に高嶺の花で、そもそも年下の私なんかと付き合ってくれるはずがないと考えだし、

美智子もオナペットの石川智子と同じ髪型だし、智子をちょっとふっくらさせた感じのルックスだし、今まで友達の妹としか見てなかっただけで今考えるとかわいいからまあ付き合ってみるか、というまさしく幼稚な考え(笑)

翌日、OKの返事を伝えた時に美智子はいきり座り込んで顔を隠して泣き出して、駄目かと思ってた、絶対駄目かと思ってた、と大泣きされた時に、前日のヨコシマな考えをかなり恥じましたね(笑)

さて、ここからが背徳の展開です(笑)

付き合うことになったその日のその直後に、後出しで彼女が言い出したのが、ちょっと前に美智子が兄に私のことをかっこいい、とか、彼女はいないの?と聞いたらしいんですよね

その時に「お前、俺の友達とかにちょっかいかけたら絶対許さんからな、わかってんだろうな?」と釘を刺されてたみたいなんですよ、交際スタートと同時に地雷でした(笑)

そんなくだりで周りにバレないように付き合わなければならなくなってしまった訳で、母子家庭で母が常に仕事で帰りが遅い私の部屋で会ってた訳なんですが、彼女の兄にしてみればちょっと考えたら分かる事ですよね?(笑)

いつも部屋でマンガばかり読んでたお家大好きの妹が急にお出掛けするようになりだして、同じタイミングで私がめっきり遊びに来なくなれば、そりゃあコナン君じゃなくても怪しみますよ(笑)

ほどなくして噂やら私の家の近くに美智子がいたとか、二人で私の家の近所を歩いてたとか、クラスメイトやら知人の目撃情報とかでバレてたみたいでした(笑)

ある日の部活の帰りがけに美智子の兄に、妹と付き合ってるんだろ?とか、何で一言も言ってくれなかったんだ?といきなり言われ、まあ来る日が来たかと(笑)


私が美智子に惚れ込んで交際を申し込んだ、兄の友達だからちょっと、と断られてたけど、どうしても好きだったからゴリ押しして無理やり付き合ってもらった。隠してた訳ではないが、照れやら何やらと、なんとなくバツが悪くてなかなか言い出せなかった、気を悪くさせてすまなかった、と言うと、そうかわかった、と言って帰っていきました。

翌日、美智子の兄からは、別に怒ってないから昨日の事は気にしないでくれ、妹をよろしくな、と言われ、部活前には美智子が待ち構えてて、先輩大好き!かっこいい!また惚れ直した!と狂喜乱舞(笑)

どうやら兄から私の返答を聞いたんでしょうね、私より先に問い詰められ、生きた心地がない状態だったみたいで地獄から天国に早変わりしたみたいでした(笑)

かくして、兄や周囲から公認で付き合いだし、美智子の部屋にも行けるようになった
私ですが、ここからがまたも背徳と罪悪感なんですよ(笑)

つづく   続いていいですか?(笑)
2021-09-02-20:34 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

美智子のオマンコは毛がほとんどなく薄くちょろっと生えてる程度でした。今思うとややモリマン気味なオマンコでしたね(笑)

ぷにぷにと指でつついたり、ワレメの部分を恐る恐る触ったりと、しばらくはガン見と触るのを繰り返してました。

恥ずかしい、恥ずかしい、ばかり呟いて顔を両手でずっと隠しっぱなしの美智子の反応が本当に面白くて興奮しましたね(笑)


ほどなくしてワレメをいじるではなく、掌の親指の付け根あたりでオマンコ全体をポンプ式に押し始めると、美智子の反応が少し変わってきましたので、そのまま押したり引いたりとポンプの動きを連打していくと

何度も何度も大きく深呼吸しだした美智子、気持ち良いの?と聞くと両手で顔を隠したまま無言で小さく頷いたので、そのまま連打を続けました。

しばらくしておとなしくなり私の手を軽くポンポンと叩いて、気持ち良かった‥と止めにきたので、おそらくサイレントに絶頂したんでしょうね(笑)

服を着直して、お互い顔を真っ赤にしながらチュッチュ、チュッチュッしてると、5分も経たないうちに私の母親が帰宅してきましたので、まあ危機一髪でした(笑)

そんなこんなで、1回目のデートでキス、2回目にオッパイを揉んで、3回目にお互いイカせ合う、というわずか3週間でハイペースな展開だったのですが

なんていうかそこから数ヶ月間、初体験まで至らずにお互い手コキ&手マンを繰り返し繰り返しという前戯止まりの日々が続くという、今考えると本当に笑える話です(笑)
2021-09-02-19:15 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

モウソウさんお返事ありがとうございます!
そうなんですよね、今の若い人達も含めて大人になるとヤるのが目的になってしまってますし、ラブホがどこにでもあるので簡単に済ませてしまいますね

>性に目覚めた2次元キャラに似た初彼女なんて最高じゃないですか!!

ありがとうございます!モウソウさんにそう言っていただけると嬉しいです!

美智子という名前で、智子の字も入ってるのもポイント高かったです(笑)ただ当時1つ上のオッパイとお尻がめっちゃ大きくて長身ムチムチ童顔の元バレー部のオナペット真紀先輩という人にずっと片想いしてたことと、

美智子は家までちょくちょくゲームをしに遊びに行く同じサッカー部の友達の妹、という点で背徳心や罪悪感がかなりありましたね、それがまた青臭くて更にドキドキと興奮を向上させてたと思います(笑)

まあ15歳のオナニーの映画に匹敵するかもしれないエピソードですので、追々またお話させてください。

美智子と付き合い始めて、部活の休みの日や部活が午前中だけの日曜日の午後には必ず会って手を繋ぎながらくだらない世間話とかしてましたが、

諸事情により(これも後ほど詳しくお話しします)会う時間が少ない、何かとチャンスが少ない、ということからファーストキスは1回目に会った時、と早かったんですよ。

私も美智子もキスは初めてだったので、そりゃあもう、きつつきみたいにお互いチュッチュッするだけという笑えるものでしたが(笑)

2回目に私の部屋で会ってキスしてる時に胸が手に当たり、気になってるなら触っていいよ、という展開になりオッパイを見せてもらいながら触りまくる展開に、母親以外のオッパイを初めて触った訳ですからそりゃもう興奮しまくりましたよ!

その翌週にまた私の部屋で会った時は、早々にキスしてオッパイを揉ませてもらう展開に、その時に私のびんびんに勃起してるチンコが気になったらしく、触っていいよと言うとズボンの上から恐る恐る触りだしました、

美智子のも触らせてとお願いするとこれもまたデニムのジーンズ越しに恐る恐る触るという、はたから見たらまさに滑稽で笑いが出るような光景だったでしょうね(笑)

ズボン越しとはいえ女の子の手でチンコをさすられてる興奮と気持ち良さで、いつパンツの中に射精してもおかしくない状態だったのでズボンとパンツを脱ぐと

美智子の反応はそれはもう面白いものでしたよ、初めて勃起したチンコを目の前で見た訳ですから、恥ずかしさと興味心で顔を真っ赤にしてまじまじとガン見しながら恐る恐る触ってました(笑)

ほどなくして射精したら、そこでも驚きまくって、射精後に元のサイズに戻るチンコにまたもまじまじとガン見してた姿が本当に面白かったです(笑)

すごく気持ち良かったという会話になり、女の子も気持ち良くなるんだろ?という話題から美智子のも見たいという流れで、最初は恥ずかしがって断りまくってた美智子がついにジーンズとパンツを脱ぎだしたんですよ!

もうガン見でしたね!どっきんロリポップの智子の描かれていないオマンコは、こんなぷっくりしたワレメだったんだ!!と感激と興奮の嵐でした(笑)
2021-09-01-19:46 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

モウソウさん

Re: No Subject

>ヨッシー

この映画、エロいだけでなくて、本当に良い映画なんですけど、残念ながら配信しているところが見当たらないんですよね。
今はレンタル屋とかで見つけるしかないのかもしれません。

・YouTubeの予告編(ちらっとオナニーシーンもあります)
https://www.youtube.com/watch?v=C3rYLRkKWJg


> その子と付き合うことになったのは石川智子っぽい髪型と顔つきが決め手

性に目覚めた2次元キャラに似た初彼女なんて最高じゃないですか!!
私もブログで度々書いてるんですけど、セックスに至らないエッチって、逆に贅沢でエロいとも思うんですよね。

セックスした事ないのに、お互いにイカせあったり、イク姿を知ってるというのは、とても贅沢な関係だと思うのです。

大人になってからだと、仲良くなる→すぐにセックスに到達してしまうので、その彼女との経験は貴重ですよね。

またお話聞かせてください。
2021-08-28-19:28 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

モウソウさん、こちらでははじめまして(笑)
15歳の女の子のオナニーとか最高のオカズじゃないですか!!
今の15歳の子達はスマホやネットでいろいろ情報やオカズを入手出来るでしょうけど、私の同級生とかはなかなかそうはいかなかったと思いますよ

私の筆下ろしは中3の時で、付き合ってた相手は中2でした。まあ友達の妹で、ある時告られてこっそり付き合ってたのでしたが(笑)

年上の女の子と付き合いたい願望が強かった私がその子と付き合うことになったのは石川智子っぽい髪型と顔つきが決め手でしたが(笑)

まあ、そりゃもう、私も性に対して知識が乏しく、彼女に至っては性に対する知識はゼロでしたので初体験に至るまでお互い手でイカせるのを繰り返し繰り返しでしたよ(笑)

けっこう相手リアクションがおもしろかったのでもしよろしければ改めてお話ししますね
2021-08-21-14:42 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]

モウソウさん

Re: タイトルなし

>名無しさん

あざす!



> いい記事。
2018-04-24-23:11 モウソウさん
[ 返信 ]

いい記事。
2018-04-23-14:51 名無しの妄想人
[ 返信 ]