TOP >  オカズな官能小説 >  【官能小説】となりの樋口さん 第3話 「隠された性欲」

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>





<<抜ける無料サンプル>>
小学校高学年でオナニーを覚えて以来
大人になってもオナニーしまくってる美女
子供の頃やってたオナニーの再現オナニーや
男に乳首を舐められながら変態角オナニーをして
足ピンしながらイク瞬間が見れる


あっ!イク・・・くぁ・・・

【官能小説】となりの樋口さん 第3話 「隠された性欲」

ona160111-01.jpg


現在、夜の8時50分。
妙にソワソワしてしまって、落ち着きがない。
TVをつけても、内容が頭に入ってこないので、また消してしまう。

樋口さんとの約束の時間までもう少しだ。

約束、、、
約束と言っても、授業でもらったプリントのコピーを渡すだけなのだが。
しかし、今まで生きてきて、女子と何かを約束した記憶はほとんどない。
まして、ものを渡した事もない。

渡したプリントに、もしも気づかない汚れがついていたらどうしよう?
陰毛でも挟まってしまっていたら?(そんな事はありえないが、、、)

とりあえずプリントをコンビニでコピーしてきて、ついでに保管用のクリアファイルまで買ってきてしまった。
さらに、予備として3枚もコピーしてしまった。
それくらい、今回の事は僕にとってドキドキする事件だったのだ。
たかがプリントを渡すだけなのに。


ガチャガチャ

「(きた!!)」

隣の部屋の鍵を開ける音がすると、僕の心臓の鼓動も最高潮になった。
ついに帰ってきてしまった。

僕は樋口さんに渡すプリントを入れたクリアファイルに、自分の手汗がついてないかもう一度確認し、樋口さんが部屋の中に入る様子を伺った。

バタン

隣の玄関がしまるのを確認した後、今度は僕が部屋の外に出る。
今、確実に隣の部屋には樋口さんがいる。

僕はチャイムを鳴らそうと、ボタンに指を伸ばしたが、そこでさらに30秒くらい固まってしまった。
同級生の家のチャイムを鳴らすなど、いつ以来だろう。
しかも女子の部屋なんて、鳴らした事も、鳴らそうと思った事もない。

ピンポーン

「・・・はーい」

いつも聞く声より、一段低い声。
それでも確かに樋口さんの声だ。

「あ・・・あの・・・プリントもってきました」

「あ!はいはい!ちょっと待ってくださいね」

今度はいつも聞くトーン。
当たり前といえば当たり前か。
夜の9時に、一人暮らしの女の部屋のチャイムが鳴ったら怖いだろう。

しかし、樋口さんは、プリントの事など忘れてしまっていたのだろうか?
僕は今日一日、ずっとこのイベントの事を気にしていたのだが、、、
それはそれで淋しい気持ちもした。

ガチャ

玄関が開くと、笑顔の樋口さんが現れる。

「こんばんわ~!」

「これ、今朝言ってたヤツ」

「中谷先生のですよね!ありがとうございます」
「わざわざありがとうございます」

・・・

一瞬沈黙が流れる。
プリントを渡す事で、目的はあっと言う間に達成されてしまったのだ。
本当はここで軽快なトークを繰り広げるべきなんだろうけど、何も出てこない。
我ながら情けない。

しかし、ここでまたもや予想外の言葉が樋口さんから発せられる。

「・・・あ!ちょっとだけいいですか?」
「寒いでしょ?中に入って待っててもらえますか?」

そう言って樋口さんは僕を玄関の中に入れ、自身は部屋の奥へと入っていってしまった。

女子大生の一人暮らしの部屋。
同級生の一人暮らしの部屋。
僕はそこにいる。

・・・といっても玄関だけだが。

樋口さんの部屋は(当たり前だが)僕の部屋と間取りは一緒だ。
玄関入ると、狭いキッチンと、トイレ。
そのすぐ奥にリビングだ。

キッチンとリビングの間はドアで仕切られてるが、今は空いていて、樋口さんが何やらガサゴソと何かを取り出してるのが見える。

ほんの数秒間の間だった。
しかし僕の視線の先に、衝撃的なものを発見してしまった。

樋口さんの部屋のリビングにはベッドが置いてあるのが見える。
僕が予想していた通り、ベッドは僕の部屋側の壁に隣接している。
そして、その上に放置されていたのが、、、

なんと<電マ>なのだ。

コンセントが刺さったままの電マは、ベッドの上に無造作に放置してあった。

まさかこれは・・・!!
いや、まさかではない。
これは確実に<樋口さんがオナニーで使っている電マ>だ。

樋口さんが電マでオナニーしているのは、毎晩聞こえてくる音で明らかだったが、実物をみる事ができるとは思ってもみなかった。

「あの?リンゴはお好きですか?」

「・・・はい?」

僕が電マに目を奪われてた隙に、樋口さんがビニール袋にリンゴをいくつか入れてもってくる。

「実家から送られてきたんですよ」
「よかったら食べてください」

「あ、、、ありがとうございます!」

そういえば樋口さんは青森の出身だった。

「それじゃこれで」

「おやすみなさい」

樋口さんはペコリとお辞儀をして、僕を見送ってくれた。

・・・

僕は自分の部屋に戻ると、リンゴをキッチンに置いて、すぐに壁に耳を傾けた。

本来ならば、リンゴとは言え、女子からモノをもらうのは初めての事で、大事件なはずなのだが、、、
僕の頭の中は、先ほど目撃してしまった電マの事でいっぱいになっていた。

冷静に考えると、ついさっき帰宅して、ついさっきまで会話してた樋口さんが、今すぐアレをするわけがない。
それでも、僕は樋口さん部屋の音を聞くために、びったりと壁に耳を押し当てた。

今すぐ始まるはずはない。
はずはないのだが、、、

約15分ほどして、予想よりも早くそれは始まった。

ブゥゥゥゥゥゥン

きた!
電マの音だ。

今日は最初から電マでオナニーを始める樋口さん。

「いっ!!いっ!!」

ついさっきまで笑顔で喋っていた樋口さん。
僕に音が聞こえているのに気づいてないとはいえ、それにしてもこんなすぐにオナニーを始められるものなのか?
性欲が強すぎる。

シコシコシコシコ

僕はいつものように、樋口さんの声をオカズにオナニーを開始した。

「イクぅぅぅ・・・・」

シコシコシコシコ

「あっ!!」

ドピュ!!

「(樋口さん・・・)」

樋口さんがイクタイミングに合わせて、僕もイッた。
心の中で樋口さんの名前を呼びながら。
僕が声を出してしまうと、逆に樋口さんに聞こえてしまうかもしれない。
本当は叫びたいくらいの思いを押し殺した。


いつもならばここで終了。
樋口さんはさらにオナニーを続けるが、僕は一回だけだ。
しかし今日は違った。
一度射精して、萎えたチンコが、すぐにまた勃起してしまう。

「あん!あん!あん!」

シコシコシコシコ
ドピュ!!


「ぎもぢぃぃ!!ぎもぢぃぃ!!」

シコシコシコシコ
ドピュ!!


僕は樋口さんがイク度にオナニーをし、射精した。
この日は結局4回オナニーをしてしまった。

3回目からはチンコが痛くなり、ほとんど意地でしたような感じだったが、それでも樋口さんと一緒にオナニーがしたい衝動を抑えられなかったのだ。



===続く===








Last Modified : 2017-11-04

コメント







非公開コメント