TOP >  オカズな映画 >  【映画のエロ】エッチだって立派なお仕事だい! ビキニ洗車で起業の楽しさを描いたお色気コメディ「ビキニ・カー・ウォッシュ」

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
[PR]




<<PR 抜ける無料サンプル>>
押しに弱くてマスクなら撮影OKな
ちっぱいロリっ子裏垢女子
パイパンちゃいちーマンコを立ちバックで突かれて
前のめりにビクン!!と痙攣して
イク瞬間が見れる動画

裏垢女子
イっく・・・うっ!!

【映画のエロ】エッチだって立派なお仕事だい! ビキニ洗車で起業の楽しさを描いたお色気コメディ「ビキニ・カー・ウォッシュ」

ona230506-01.jpg

GWも間もなく終了してしまいますが、いかがお過ごしでしょうか?

この春から社会人になった方々、また仕事再開かと思って憂鬱になっていませんか?

そんなアナタにぜひ見てもらいたいのが今回取り上げます「ビキニ・カー・ウォッシュ」という映画です。

ビキニ洗車のお店を企業する大学生のお話ですが、コメディタッチのお色気テイストでサクッと見れます。

ネットで調べてみると、この映画の評判が良くないのですが、ちゃんと深読みすると面白い映画です。

もちろんコメディなので内容に薄っぺらさもあるのですが、お仕事って本来楽しい物なんだよねってメッセージが込められた映画であり、そのメッセージを読み取れるかどうかで評価が変わってくる映画かなと思ってます。

ちなみにビキニ洗車というサービスを聞いた事ある人も多いと思いますが、ビキニ姿の女性が洗車してくれるというサービスでして、海外には実際に存在しているサービスです。

日本ではほぼ存在してないようなのですが、洗車ショーなど一部のイベントで行われたり、秋葉原近辺にはスクール水着で洗車してくれるお店もあるそうなんです。

こういう性的な付加価値を売りにしたビジネスって、世の中からは冷たい目で見られる事も多いと思うのですが、私はそうは思わないのですよね。

そんな所も語れたらなと思っています。


それではまずは映画のあらすじから説明していきましょう。

主人公はジャックという卒業間近の大学生の青年です。

親父が実業家で、大学で経営学を学ぶ事を条件に一軒家まで貸してもらっていますが、実際は自堕落な生活を送り、落第寸前の落ちこぼれ大学生です。

バイトも首になってしまったので、親父に内緒で家に友達を住まわせ、その家賃収入で暮らしています。

映画冒頭でも、同じ大学の巨乳ヤリマン女・トレイシーとワンナイトを楽しんでますが、セックス中に携帯をいじりだしてキレられる始末(笑)

まあ、なんとなく大学生活を楽しんではいるものの、何かに熱中するという事があまりないという印象の主人公です。

ona230506-02.jpg

ジャックの家は親友のヴェっクスのやり部屋になっていたり、、、

ona230506-03.jpg

女友達が下着姿でうろついていたり、とても厳しい父親には見せられない状態です。

ona230506-04.jpg

父親はジャックには優秀な成績を期待しており、卒業後には事業の資金を出す事も約束しています。

それだけに息子の動向には厳しく、厳格な父親というわけです。

自堕落な生活がバレないように何とか取り繕うジャックですが、ここで最大の試練が訪れます。

ona230506-05.jpg

大学の教授に呼び出されるジャックは教授から単位を出せない・・・つまり落第という事を告げられてしまうのです。

しかし、教授はジャックの父親の顔を立てて、ジャックに最後のチャンスを与えます。

それは教授のツテで借り受けた洗車場を1週間経営し、利益をだしてみろという課題だったのです。

ona230506-45.jpg

途方に暮れるジャックですが、、、

ジャックの家に住むセクシーな女友達・トリが洗車したりしている姿から、ジョークで<ビキニで洗車>というアイディアが生まれます。

ona230506-06.jpg

ジャックの中ではあくまでジョークだったのですが、それに食いついたのが親友のヴェっクスとマーヴィン。

ヴェックスはエロい事しか考えてないおっぱい星人借金も抱えており、借金返済とエロの為。

頭は良いが女子と付き合った事のない童貞キャラのマーヴィンはビジネスの可能性を計算で見出したのと、憧れの女友達・トリとお近づきになりたい為。

それぞれの動機でジャックに協力し、洗車場を手伝う事になります。

ona230506-07.jpg

こうして、あまり乗り気でないながらも、仲間たちとビキニ洗車を立ち上げる事になるジャック。

初期メンバーは・・・

・主人公のジャック

・エロい事しか考えてないヴェックス

・地味女で、授業料を稼ぐ為のバイトに困っていた受付担当のアマンダ

・計算が得意で童貞のマーヴィン

・女の武器を使いまくりなしたたかな女・ケリー

・セクシーな女友達のトリ


の6名。

全員ジャックの友達ですが、ここから1週間、ビキニ洗車ビジネスの面白さ、苦悩などが描かれていきます。

ona230506-08.jpg

さて、あらすじはこんな感じです。

ビキニ洗車ビジネスはヴェックスの本能、マーヴィンの計算通りヒットし、大好評となっていきます。

映画でのエロの見所は度々挿入されるビキニ洗車シーンですね。

女の子達がキャッキャ言いながらセクシーな姿で洗車するシーンがまるでイメージビデオのように劇中に度々挿入されます。

ona230506-09.jpg

いわゆる健全なエロというヤツですね。

太陽の下でビキニ姿で働く女の子達の身体をただただニヤニヤと見つめてください(笑)

オカズというよりは、ビールとか飲みながら鑑賞したい映像になります。

ona230506-10.jpg

ストーリーとしては経営ものとしての基本エピソードもしっかり押さえられてます。

例えばビキニ洗車が好評なのを受け、新たな人材を入れる為に面接を実施しますが、そこでもおバカエロが。

とにかく面接に来た女性たちがおっぱいモロ出しでアピールしてくるのですが、これもビール飲みながらニヤニヤ鑑賞するのが正解ですね。

ona230506-11.jpg

ona230506-12.jpg

ona230506-13.jpg

ちなみに新メンバーとしてはスレンダーな黒人女性のヴァネッサや、、、

ona230506-14.jpg

ヴェックスのセフレ・エイプリルから紹介されて面接に来た絶世の美女・ミアが加わり、さらなるサービスの拡充がなされます。

ona230506-16.jpg

女の武器を使う事を厭わないケリーも、どんどん過激なサービスを導入していき、順調かのように見えるのですが、、、

ona230506-15.jpg

水面下では色々とトラブルも発生します。

経営者であるジャックは、品のあるエロや、洗車自体のサービスの向上を目指しているのですが、ケリーはより過激なサービスをするべきだと考えています。

面と向かってジャックに反抗するわけではありませんが、陰では不満を募らせ、不穏分子となってしまうわけです。

経営者と従業員の意見が一致しないなんてよくある事ですが、その状況で如何に組織として統制をとっていくかがリーダーの役目です。

ここら辺も経営もの映画として基本プロットをおさえてますね。

ona230506-17.jpg

映画でケリーやジャックの側近であるヴェックスと寝て懐柔してきたり、、、

ona230506-18.jpg

社長であるジャックにもエロで迫ってきたりします。

上司、経営者目線でみたら本当に困ったちゃんな従業員ですが、人が集まれば思い通りにならないメンバーが出てくるのも必然。

これらにジャックがどう対処していくかも、見所の一つです。

ona230506-19.jpg

また、従業員同士のプライベートも描かれていきます。

例えば受付役の地味っ子・アマンダ。

彼女はレズビアン(もしくはバイセクシャル?)なのですが、セクシーなトリへ友達以上の感情をいただいています。

ona230506-20.jpg

トリはいわゆるイケてるモテる女なのですが、性格に嫌味さはなく、イケてない系であるアマンダやマーヴィンとも分け隔てなく接しています。

例えばアマンダの身体を触って、もっと可愛くなれるよ、きっとモテるよ、等のアドバイスをしたりするのですが、それはあくまで友達としての接し方です。

アマンダからするとそんな優しいトリに恋愛感情を持ってしまっているわけですが、中々それを打ち明ける事ができません。

ona230506-21.jpg

まあ、トリもガードがゆるゆるで、よく酔っぱらって刹那的な行動をとる事が多いので、酔っぱらったトリがアマンダとレズプレイをするようなシーンもあります。

割と天然系の罪深い女です。

ona230506-22.jpg

罪深いと言えば、童貞のマーヴィンもトリを狙っているのですが、酔っぱらったトリはマーヴィンにも思わせぶりな行動をします。

高い所にあるグラスを取ってくれたマーヴィンの鼻にキスをしたり、、、

ona230506-23.jpg

マーヴィン相手にセクシーなダンスを披露したり。

とにかく酔っぱらうとトリが無双します(笑)

童貞がこんなんされたら、そりゃ恋に落ちちゃいますね。

ホンマ、罪深い女やでぇ・・・

ona230506-24.jpg

そして経営者であるジャックは、時には従業員のプライベートにも友人として踏み込みます。

うじうじしているマーヴィンに、トリをデートに誘えと促すジャック。

断られたらどうしようと悩むマーヴィンに対して、、、

「オーケーなら最高だろ」

「ダメでも別に良い人がいるかも」

「お前はクソ賢い野郎だ」

「そういうのが好きな子もいる」


ジャックも内心、マーヴィンがトリと付き合うのは難しいとは思っています。

しかし、声をかけて前に進む事が大事だという事がわかっているのです。

下手に期待も持たせ過ぎず、マーヴィンの良い所はしっかりと教えてあげる、すごく的確なアドバイスですね。

ジャック本人はあくまで友人としてマーヴィンにアドバイスしていますが、従業員にある時はイチ友人として接して、プライベートの相談に乗ってあげる事も上司・経営者の役目です。

プライベートが充実していないと、安心して働けないですからね。

あくまで踏み込み過ぎず、時と場合によりますが。

ona230506-25.jpg

そしてそんなジャックを支えてくれるのが高校時代からの友人・ブリタニーです。

彼女はビキニ洗車の運営には参加してませんが、映画科の生徒で、ジャック達の姿をずっと撮影しています。

ジャックとは恋人同士の関係ではなく、あくまで友人という関係です。

ona230506-26.jpg

元々はビキニで洗車というアイディアには懐疑的で、女の武器を使うケリーとも仲が悪いのですが、、、

ジャック達の姿を冷静に客観的に見てくれて、ビキニ洗車ビジネスも認める発言をしてくれます。

エロい仕事なんて・・・と、どこか自分のビジネスに自信を持てないジャックにとって、これほど精神的な支えになってくれる女性はいないでしょう。

やはり自分を肯定してくれる異性というのはものすごく大事なんだと思います。

ona230506-27.jpg

友人という立場だったジャックとブリタニーも当然それ以上の感情が、、、というわけですが、そこら辺は本編でお楽しみください。

ちなみにアジア系の目鼻立ちだなと思っていたのですが、ブリタニーを演じているのがアシュレイ・パークという韓国系アメリカ人の女優さんだそうで、すごく可愛らしい方だなと思いました。

特に笑顔が素敵です。

自分がアジア人だからというのもあるかもしれませんが、アジア系の女性の可愛らしさの凄さってやっぱりありますよね。

ona230506-28.jpg

この映画を通して改めて思うのが<仕事って本来楽しい物だよね>という事です。

もちろんしんどい事もたくさんありますけどね。

仕事なんて時間の切り売りだ、、、給料もらえるから我慢してるんだ、、、という意見もよく聞きますし、私もそういう考えをしていた時代がありました。

でもそれって寂しい考え方だし、その考え方だと続かないと思うのですよね。

まず、職場とはその人にとっての居場所でもあります。

労働の対価として給料をもらうのは当然なんですが、その職場で自分の居場所がある・・・つまりみんなに必要とされるって事が大事だと思うんです。

給料の高い低いも大事ですが、ある一定の水準以上でしたら、その職場で自分が活躍できるかスキルを発揮できるか興味を持てる仕事内容かって事のほうが大事だと思うのです。

ona230506-29.jpg

また、映画でジャック達は仕事が終わってから皆で街にビラを配りにいってます。

おそらく残業代とかでない、有志の活動でしょう。

ただ、みんな楽しそうです。

それは自分たちのビジネスに自信を持っており、多くの人に利用してほしいと思っているからに他なりません。

私はこういうのを文化祭的と呼んだりします。

文化祭のクラスの出し物って、最初は面倒でもやり始めると夜遅くまでみんなで頑張ったり、なんだかんだ楽しいものですよね。

一切バイト代も出ないのに、楽しいんです。

別に仕事でサービス残業で働けという意味ではないです。

しかし、本来、好きな仕事であれば文化祭のように楽しいものなんですよね。

ona230506-30.jpg

そして仲間です。

職場の人間とは職場でしか会わないという方も多いでしょう。

別にそれでいいんです。

でも、1日8時間、1週間で40時間は少なくとも、その職場の人と一緒の時間を過ごすわけで、やっぱり仲間なわけです。

大きい企業に勤めていても、きっと最小の規模のチームはあるでしょう。

その人たちは仲間です。

映画ではマーヴィンの為にヴァネッサやミアがおしゃれにコーディネートしてくれるシーンもあります。

きっとイケてないマーヴィンイケてる彼女たちは仕事が一緒でなければ友人になる事もなく、関りを持つこともなかったでしょう。

でも同じ職場になった事をきっかけに、趣味趣向が違っていた他人同士が仲間になれる・・・それが職場の仲間というヤツです。

ona230506-31.jpg

そして成長です。

地味っ子だったアマンダは、映画の途中で思い切ってビキニ洗車にも加わります。

ona230506-32.jpg

マーヴィンもトリにアタック。

その結末がどうなるか・・・は、映画を見ていただければと思いますが、第一歩を踏み出したのは確実な成長です。

マーヴィンは恋愛について、机の上で勉強はしてきましたが、実践に移してなかったのです。

二人とも、この職場に背中を押されて成長できたと言えます。

もちろん一番の成長株は主人公のジャックです。

この映画は経営を通して変わっていくジャックの成長物語とも言えます。

ona230506-33.jpg

GW明けで憂鬱になっている新社会人の皆さんに言いたいのは、変に仕事の事を時間の切り売りだとか、給料の為と思ってほしくない事です。

まずは職場の人間関係を大事にしてください。

そしてまだ当然仕事なんてできないわけですから、より実践経験を踏んで成長を目指してください。

少なくとも入って数カ月で見切りをつけるなんて馬鹿な真似はしないでください。

少なくとも3年はその職場で頑張ってみてください。

そして、、、3、4年働いているのに一切楽しくないのであれば、それはその職業が合ってないのかもしれません。

働くってどういう事なのか?

自分がやりたい事がなんなのか、もう一度考えて、転職をするなりしても良いと思います。

しかし、仕事をするって何なのか、深く考えないまま転職しても同じ事の繰り返しですので気を付けてください。



さて、今回の記事で語りたかったもう一つのテーマである<エロいビジネスは立派なビジネスではないのか>という部分です。

映画ではジャックも最初はビキニ洗車に乗り気ではないです。

きっと父親も教授も認めてくれないと思っている為です。

しかし、エロいビジネスが下に見られるっておかしいと思うのですよね。

エロってみんな好きなもので、エロい事するから人類は継続されるわけです。

それらに目を背けて、下賤なものという見方をするのはどうかと思います。

働く側も利用する側も皆がハッピーなのに、勝手に周りが蔑んだり、可哀そうだと言ったり、最近では女性の権利がどうのこうの言うのってメチャクチャ勝手な言い分だと思うのですよ。

エロい職場で働くのが好きな男性も女性も確実にいます。

特にこの映画で出てくるような健全なエロいビジネスの登場は、まさに人類の健全な営みと言えるでしょう。

ona230506-34.jpg

というわけで堅苦しいお話はここまでにして、映画のエロ描写についてもうちょっと見て行きましょう。

何度言いますが、この映画ではビキニ洗車のシーンが度々挿入されます。

ona230506-35.jpg

これ見てると本当に行ってみたくなりますね。

日本にはあまりないのが残念です。

※前述のスク水洗車も今はやってない?みたいですし。

ona230506-36.jpg

露出度の高い女の子達の身体をただただ見てるだけなのですが、エロい気持ちにはなってきますね。

ちなみに一部のシーンではマンスジも・・・

ona230506-37.jpg

いただきました!

ただ、マンスジは撮影時に対策されてしまっているのか、ほぼありませんでした。

ona230506-38.jpg

そしておっぱいです!

こちらはケリーのおっぱいですね。

ケリーは残念ながら生おっぱいは披露してませんが、、、

ona230506-39.jpg

こちらはヴェックスのセフレ・エイプリルの生おっぱいです。

このシーンで注目したいのが乳首の部分ですね。

よーく見てみてください、、、

ona230506-40.jpg

おわかりいただけただろうか?

エイプリルの乳首がヴェっクスの身体に触れて、クニっと曲がってるんですよね。

だから何?という方もいるかと思いますが(笑)

この乳首が曲がっている描写でおっぱいの柔らかさが伝わってくる、良いシーンだと思います。

ona230506-41.jpg

エイプリルといえば、鏡越しで全裸が映されているシーンでの事。

超ギリギリでマンコ見えそうになってるんですよね。

何度も繰り返しコマ送りしましたが、ギリギリマンコ映ってないです。

当たり前ですが(笑)

ona230506-44.jpg

そして黒人のヴァネッサの黒乳首がセクシーです。

黒人とは言え、乳首の色が薄い人もたくさんいるのですが、ヴァネッサはめっちゃ黒乳首でエロいですね。

彼女の身体はしなやかさもあり、とても健康的です。

ona230506-43.jpg

そして冒頭でジャックとセックスしているトレーシーの生巨乳の重量感!

騎乗位で下に垂れ下がってる時の物量が半端ないです。

ona230506-46.jpg

さらにトリの生おっぱいも出てきますね。

こちらは小ぶりで可愛らしいおっぱいです。

ona230506-42.jpg

とにかく映画では生おっぱい出てきます。

もしかして水着だけで、裸見れない映画かも・・・と心配していたアナタ。

安心してください!履いてませんよ!


【予告編】







本記事で紹介した映画はU-NEXTで見れます。
※2023年5月26日までの配信となっているのでお早めに!

2023年5月7日に確認した所、U-NEXTで配信中(見放題対象作品)でしたので、興味がある方はU-NEXTで視聴するのがオススメです。

ona230506-u01.jpg

作品の配信状態(2023年5月26日時点での確認情報)
ビキニ・カー・ウォッシュ
見放題対象作品


↓「U-NEXT」へは記事最後のバナーより飛べます↓

U-NEXTとは?
U-NEXTは月額制の動画配信サイトです。
見放題対象作品となっているものは月額だけで見る事ができ、それ以外の作品も別途ポイントを払えば見れます。

・U-NEXT月額利用料金
2,189円(税込)

しかも31日間無料トライアルもやっています。

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)


ちなみにポイントは無料トライアル以降、月額料金を支払うと毎月1,200円分のポイントが付与される仕組みです。


U-NEXTでは配信している映画のランナップは随時切り替わっています。

また、配信していても見放題対象作品でなかったら、別途ポイントが必要なので注意が必要です。

なので、U-NEXT加入前に必ず現在も配信中かどうか、見放題対象かどうかリンク先ページで「ビキニ・カー・ウォッシュ」で検索して確認してください。

作品が検索で見つかれば現在も配信しています。

作品名の下の記載が「見放題」となっていれば月額料金だけで無料で見れて、金額が記載されていればその分のポイントが別途必要になります。


本ページの情報は2023年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


[PR]


[PR]



[タグで関連記事を表示] * おっぱい * 水着 * セックス * 貞操観念ゼロ * ビキニ洗車 * マンスジ

Last Modified : 2023-10-07

コメント







非公開コメント