TOP >  オカズな一般マンガ >  【一般マンガのエロ】学校でオナニーしちゃった女の子がパンツが脱げなくなる呪いをかけられる漫画 「お願い、脱がシて。」考察その3 オーガズム編

オナニーのオカズ研究所

オススメの動画や、漫画、体験談、妄想ネタなどオナニーのオカズを集めています。同時に、女性のオナニーの実態について研究しています。<18歳未満閲覧禁止>





<<抜ける無料サンプル>>
小学校高学年でオナニーを覚えて以来
大人になってもオナニーしまくってる美女
子供の頃やってたオナニーの再現オナニーや
男に乳首を舐められながら変態角オナニーをして
足ピンしながらイク瞬間が見れる


あっ!イク・・・くぁ・・・

【一般マンガのエロ】学校でオナニーしちゃった女の子がパンツが脱げなくなる呪いをかけられる漫画 「お願い、脱がシて。」考察その3 オーガズム編

ona210920-01.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



学校でオナニーしちゃった女の子達がパンツが脱げない呪いにかかってしまう「お願い、脱がシて。」の考察第三回目です。

今回で考察は一旦、最終回とさせていただきます。

1回目と2回目未読の方は、まずはそちらを先にどうぞ!








さて、前回私は漫画が面白くなるには

「最初の設定をどこまで守れて、そして設定の範囲内でどこまで話を広げられるかが肝心」

と、書かせていただきました。

<どこまで>というのがポイントで、設定を絶対に死守しろという事でもないんですよ。

前回も少し触れましたが、設定の付け足しとか改変は絶対にしてはいけないというわけではなく、長く続けば設定の後付けとか改変が起きるのは当たり前の事ではあるんですよね。

ただ、最初から設定は後付けでいいやと考えると、説得力にかける薄っぺらい話になってしまいますので、<どこまで>設定の範囲内で話を広げられるかが作者の腕の見せ所になってくるわけです。

そしていずれ設定の追加が必須なのであれば、大切になってくるのは後から付け加える設定を如何に最初の設定から自然に派生させるかという事になります。

ここで「ジョジョの奇妙な冒険」を例に挙げてみましょう。(読んだ事ない方はすみません)

「ジョジョの奇妙な冒険」ではスタンドは一人一体しか持てないという設定がありましたが、第4部のラスボスである吉良吉影は実質2体のスタンド(キラークイーンとシアーハートアタック)を所有した状態で登場しています。

一応、シアーハートアタックはキラークイーンの左手から発射された追尾爆弾だから個別のスタンドではないと説明されていますが、実質2体持っているのと変わりません。

しかもシアーハートアタックに至っては、スタンドの射程距離とパワーは反比例する(パワーの強い近距離型とパワーの弱い遠隔型)という設定も覆す、遠隔自動操縦型(単純な行動しかできない代わりに遠距離でもパワーが強い)として描かれています。

これは最初の設定を改変して2体のスタンドを持つ人物を登場させたのと、遠隔自動操縦型スタンドという新たな設定を付け足している事になります。

しかし吉良吉影の登場で「なんだこれ、設定無視で何でもアリなんじゃん」と萎えた人よりも「こんなすげーヤツがいたのか!!」と興奮した人のほうが多いのではないでしょうか?

要は読者が萎えない説明ができて、最初の設定から派生させられるかという事が肝なんですね。

「お願い、脱がシて。」に話を戻すと、本作でも最初の設定を超えた派生現象が起きています。

■別のトリガーを持つ呪い

学校でエッチな事(オナニー)をすると呪いにかかるという設定ですが、学校以外の地(修学旅行先)で、別のトリガーを持つ呪いが登場します。

これは最初に設定した<トリガーの設定>を覆すものですが、基本的に呪いとはかつて満たされない想い、強い憎悪をいただいた人間の思念が呪いとなっているという説明は最初からなされています。

つまり、修学旅行先で出現した呪いは、学校の呪いと別の出来事・感情がきっかけとなって生まれているので、トリガーが異なるという説明がなされます。

これはごく自然に受け入れやすい、設定の派生形だと思いました。

■呪いの残滓(ざんし)が体内に侵入すると体が敏感になる

物語が進むと、呪いの本体(思念体)との遭遇も増えてきます。

その中で、思念体の残りカスが体に入り込むと、女の子の体が超敏感になるという新しい設定が追加されました。

これはパンツが脱げなくなるのと関係ないので、中々思い切った追加設定ですね。

ただ、いきなりこの設定が出てくると違和感があるのですが、実はこの設定が出てくる前に、呪いの本体との対峙が描かれています。

呪いの本体は幽霊のような形をしていて、女の子の体に触ってエッチな行為をしたり、女の子の体の中に憑依して操ったりする、パンツが脱げなくなる現象を超越した、文字通り呪い本体と呼べる存在です。

呪いの本体自体は、物語の当初から神手が追っていた存在なので、呪いの本体というラスボスに近づいた事による現象と考えると、割と後付け感は感じないかなと思いました。

ona210920-02.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



このように、作者が知恵を振り絞って、何とか自然な形で設定を派生・付け足ししていこうとしているのが伝わってくるのですが、設定を改変したり付け足したりしなければならない根本的な理由は物語の過激化です。

これはバトル漫画などによくみられるパワーインフレと呼ばれる現象と同じです。

バトル漫画では強いライバルを倒すと、次はさらに強いライバルが出てきて、主人公もより強くなる必要がでてきます。

その結果、敵も味方もどんどん強くなっていって、強さのインフレーションが起きるわけですね。

ただ、強いライバルが出現しなかったらどうなるでしょうか?

淡々と同じものが繰り返される物語となってしまって、マンネリ化を招きやすいでしょう。

つまり、物語とはどんどんと過激な内容になっていくのが普通なのです。

これをエロを主軸とする本作に置き換えると、連載が続く限りより強い刺激のあるエロシーンを描く必要が出てくるという事なんですよね。

ですので、いずれは設定の追加・改変は長く連載する上で必要でして、本作もなるべく自然な派生になるように試行錯誤していると思われます。


■女の子がオマンコより見られたくないものとは?

ではエロシーンを過激にしてくという事は、どのようなシーンが出てくるという事になるのでしょうか?

何十年も前でしたら、本番NGの一般マンガにおける最高のシーンとは女の子がオマンコが見られてしまう<オマンコ見え>シーンでした。

現代でもオマンコ見えは重要なシーンでして、本作でもキーポイントとしています。

しかし、昨今は一般マンガでも生々しい本番行為が描かれるようになり、登場人物たちのセックスやオナニーの描写すら増えてきている為、それ以上の刺激が求められるようになってきました。

オマンコを見られる事よりも刺激的、、、恥ずかしい事、、、

その答えの一つは女の子がイク瞬間を見られる・・・いわゆるオーガズムのシーンではないでしょうか?



と、ここで、本作をより過激にしていく上で、注目したい登場人物がいます。

それが上八木 果穂と志穂(かみやぎ かほ しほ)の双子の姉妹でして、物語がある程度進んだ7巻から登場します。

果穂と志穂は敵(?)である、蛇蝮谷あかり (じゃはみや あかり)の従妹で、あかりからの刺客のような扱いで登場します。

これが結構エロいキャラなのですが、どちらもSっ気たっぷり。

髪の短い果穂は男を罵る系、髪の長い志穂は男を誘惑してからかう系の女の子です。

それまで登場する女の子も色んなキャラが描かれてきましたが、明確にエロに結びつきそうだったのは悪女・あかりだけだったので、この姉妹の登場で、今後のエロ展開を加速させていくのだろうという意図が伺えます。

ちなみに私はいつも神手を罵る果穂のほうが好きでして、わざわざ神手の布団の中で密着しながら、、、

「うわ、声抑えられてないじゃん!」
「マジキモい!!」
「女子かお前!!」


と、罵るシーンが最高にキュンとしました(笑)

実はこの果穂のイク瞬間が作中で描かれているのです。

ona210920-03.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



前述の<女の子の体が超敏感になってしまう現象>の最初の犠牲者は果穂と志穂です。

果穂も志穂も呪いの残滓が体に侵入して超敏感になってしまうのですが、志穂のほうは偶然にもすぐに神手の手で呪いを吸収する事に成功し、開放されます。

しかし、その事で、超敏感になる現象を解除するには女の子の体のどこかに侵入した呪いの残滓に神手が手で直接触れる必要がある事が判明します。

体のどこに侵入しているかは、触れるまでわからないため、見つかるまで全身をくまなく触る事になります。

普段は神手を罵っていて、触らせるなんてとんでもない事ですが、敏感過ぎる状態は辛すぎるので、仕方なく神手に触られる事を許可します。

で、腕や背中や顔など様々な所を触るのですが、、、物語の都合上、当然そんな所にはありません(笑)

残されるのがおっぱいと股間周りになります。

「手、置くだけだからな!!」
「絶対揉むなよ!!」


自らシャツをまくり、神手に生チチを触らせる果穂。

しかも体は超敏感になっているのでたまりません。

「(果穂のおっぱい・・・神手に触られてる)」

なんでもない素振りを見せつつも、おっぱい触られてる事を意識している果穂がエロいです。

また、さっさと呪いが解除されたドSの志穂は、、、

「どう?感じる?果穂ちゃん」
「ホラ、先っぽどうなってるの・・・?」


と、果穂を言葉責め(笑)

ここら辺もキャラを活かしてて良いですね。

ona210920-04.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



そして読者の期待通り、当然おっぱいにも呪いの残滓は見つかりません(笑)

つまり、おっぱいは触られ損という事で、よりエロいですね。

という事で、続いてはお尻部分に手が伸びます。

最初はパンツがはみ出した臀部を触っているのですが、それでも見つからず、いよいよ果穂のパンツの中へと手が入っていきます。

ona210920-05.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



神手の前にケツを突き出しながら、尻をまさぐられる果穂。

「どうやらお尻の外側には居ないようなので・・・」
「真ん中の方、探っていきますね」


「ま、真ん中って・・・!!」

ケツを突き出した立ちバックの状態なので、真ん中というと・・・要するにオマンコに手が近づいていく事になります。

「(ただでさえ・・・これ以上もう・・・)」

超敏感な状態で尻をまさぐられ、感じまくっている果穂の限界も近いです。

「(も・・・もう・・・イっ・・・イっちゃ・・・)」

これ以上触られたら、神手に恥ずかしいあの瞬間を見られてしまう。

「か、神手ぇ・・・」
「お願い・・・これ以上はもう・・・」
「本当にダ・・・」

さすがにまずいと思った果穂は神手に止めるように伝えようとしますが、、、

「メ・・・」

ぷにゅ

果穂が言い終わる前に神手の親指が何やら柔らかい部分に触れます。

その瞬間、、、

ona210920-06.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



ビクン!!!

口を大きく開け、声にならない悲鳴をあげながら思い切りイってしまう果穂。

あの可愛くて生意気で強気な果穂が、口の中の粘液を垂らしながら、凄まじいイキ顔を晒してしまうのは、かなりエロかったです。

と、同時に柔らかい部分・・・つまりオマンコを触られてしまったわけでね。

これは<オマンコ見え>以上の過激なシーンと言えるでしょう。

ona210920-07.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



過激な描写は果穂と志穂だけではありません。

現在、もっともメインヒロインの座に近い存在である翼も、かなり過激なシーンが増えてます。

翼は神手の一番の理解者でもあるので、神手のピンチを救う場面も増えています。

例えば呪いの解呪の為に、修学旅行の女子の部屋に侵入した神手を、他の女子に見つからないように布団の中に匿うシーン。

一人で寝たフリをして、他の女子にみつからないように神手を布団の中でギュッと抱きよせるのですが、、、

キュ・・・

ビクン!!


密着しすぎた為に、神手の膝がオマンコに押し付けられてしまうのです。

狭い場所で隠れる男女が密着してしまうシーンというのは、昔から描かれていますが、やはりエロいですね。

昔から密着でおっぱいに顔とかはありますが、膝がマンコに当たって感じてしまうというのは割と過激な部類になると思います。

ona210920-08.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



翼に関してはこんなシーンは序の口で、さらに過激なシーンがあります。

それは呪いをおびき寄せる為に神手の前でオナニーを見せるというシーンです。

これまでは呪われた事によってオナニーしてた事がバレる、いわゆる事後の描写だったわけですが、神手の目の前で呪われる瞬間を見てもらうために、目の前でオナニーをする事になるのです。

この提案は翼本人から出されたものです。

「(そうだよ・・・これは全部呪い根絶のため・・・)」
「(そして自分のために・・・私はスるんだ・・・!!)」


オナニーを見せるなんて、女子にとっては死ぬほど恥ずかしい事のはずですが、使命感のために決意する翼が健気です。

ビクっ!
ビクっ!


いつもやっているようにおっぱいを触ってから股間に手を伸ばします。

いつもやっているオナニーが神手にバレてしまいます。

「神手・・・ちゃ、ちゃんと見てる・・・?」

しかも見られているという事で、いつも以上に興奮してしまう翼。

足場の悪い場所でやっていた事もあり、イキそうになった瞬間にバランスを崩してしまいます。

そして、、、

ona210920-09.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



「翼さん!!危ない!!」

「神手・・・今、私の体に触っちゃ・・・」

神手がとっさに翼を抱えるのですが、翼はオーガズムの波が込みあがってきた瞬間だったため、体が敏感になってます。

次の瞬間、、、

「い・・・今の私っ・・・見ちゃっ・・・」
「ダメぇっ・・・」

ビクン!!
ビクン!!
ビクン!!


男の手に抱かれたまま、勢いでイってしまう翼。

好意を持っている男とは言え、まだセックスも許してない男にイク瞬間をガン見されるというのは、ある意味セックスをするよりも卑猥な事ではないでしょうか?

それまでオナニーを「ちゃんと見てる?」と言っていたのに、イク瞬間は「見ちゃダメ」と言っているセリフの対比も非常に計算されていて、エロい演出です。

ona210920-10.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



実はここのシーンではイったかどうかは言及されていません。

しかしその後に賢者タイムに突入して落ち着きを取り戻していると思われる描写もあるので、これは寸止めではなく、オーガズムの波を止められずイってしまったとみるのが正しいでしょう。

ちなみに後々、呪いをおびき寄せる(正確には散らばった呪いを一か所に集める)為に、再度神手の前でオナニーをしています。

こちらもかなりエロいのですが、こちらのシーンでは

「さ・・・最後まで・・・シて・・・いい・・・?」

というセリフとともに、神手の前で自分の意思でイクシーンがあります。

最後まで・・・と言葉を濁していますが、これを脳内変換すると

「イキたい・・・イってもいい?」

イってもいい?って言葉はセックスやAVとかでしか聞かないセリフです。

このセリフをセックスをしていない男女間で交わすのですから、ある意味セックスより卑猥ですね。

ona210920-11.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



というわけで、どんどん過激になっている本作ですが、8巻のラストを見る限り、もっともっと過激な事になっていくと予想されます。

本作の考察は今回がラストですが、作品はまだまだ続きそうな勢いですので、是非とも皆様、今後の本編を楽しんでご鑑賞ください。

また、8巻までにセックスをした登場人物はいないのですが、セックスを示唆するエピソードは出てきています。

この手のラブコメで、セックスをしてしまうとその後の関係を描くのが難しくなるので、なんとも言えませんが、もしかしたらセックスをしてしまう可能性もありますね。

有名な所ではふなつ 一輝先生の「華麗なる食卓」の最終回で、主人公とヒロインのセックスが丸々描かれたというのがあります。

あれは最終回でしたが、、、本作はどうなるか?

先が楽しみです。

ona210920-12.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



また、パンツ脱がしのほうももちろん健在です。

こちらが無くなったら、もはや何の漫画かわからなくなりますからね。

ただ、エピソードは徐々にパワーアップしていって、パンツ以外にも全身が脱げなくなったりなどの派生は見せています。

例えば水着を脱がすシーンでも、女性用水着の複雑な器具に焦る神手などが描かれて、ある意味男子にとっては勉強になりますよ(笑)


ona210920-13.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」



さて、本作に限らず、今後の一般マンガにおけるエロシーンなのですが、世の中が求める過激化に対応するため、より刺激的なシーンが増えてくるのではないかと考えています。

そしてその一つの答えが女の子がイク瞬間を描くという事ですね。

ただ、それもあまりにもバーゲンセールのようにキャラをイカせまくっても面白くないと思うのです。

もったいつけてもったいつけて、感情移入した女子キャラがイク瞬間を見せてほしい。

オマンコもあまりにも簡単に見れてしまったら興奮が削がれますからね。

そのバランスが大事だと思うのです。

本作の過激化に期待しつつ、パンツを脱がされる羞恥心もいつまでも描いていって欲しいとも思います。

ona210920-14.jpg
出典:川中康嗣「お願い、脱がシて。」





今回のマンガが会員登録不要で無料立ち読みもできます

↓↓↓↓↓↓





本記事で紹介したマンガが電子書籍配信サイトU-NEXTで配信中か確認してみました。

2021年9月19日に確認した所、U-NEXTで配信中でした。

全巻一部立ち読み可能ですので、まずは読んでみてください。

また、電子書籍の購入に便利なサイトなので、興味がある方はU-NEXTでの購入がオススメです。

ona210918-u01.jpg

作品の配信状態(2021年9月19日時点での確認情報)
『お願い、脱がシて。』
各巻の購入に必要なポイント:462円分(税込)~


↓「U-NEXT」へは記事最後のバナーより飛べます↓

検索後、最新刊が一番上に表示されていますが、画面の下のほうにスクロールすればそれ以前の巻も表示されています。

今でしたら31日間無料トライアルで600ポイントもらえますので、その600ポイント分で一冊買えちゃう計算になりますね。

ちなみによくある質問なのですが、U-NEXTの月額プランを退会しても、購入したコミックはそのまま読めます。


U-NEXTとは?
U-NEXTは動画や電子書籍を配信している月額制のサイトです。
見放題対象作品となっている動画や雑誌は月額だけで見る事ができ、それ以外の作品も別途ポイントを払えば見れます。

・U-NEXT月額利用料金
2,189円(税込)

しかも31日間無料トライアルもやっています。

特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)


ポイントは無料トライアル以降、月額料金を支払うと毎月1,200円分のポイントが付与される仕組みです。(もちろん随時チャージ可能です)

無料で読めるコミック多いですが、やはり普通に購入金額がかかる事が多そうです。

イメージとしては動画見放題サイト+雑誌読み放題+電子書籍コミックの購入サイトなので、映画も漫画も好きという方には便利なサービスです。


また、配信の確認はしましたが、U-NEXTでは配信している作品のランナップは随時切り替わっています。

なので、U-NEXT加入前に必ず現在も配信中かどうかと、金額がどうなっているかをリンク先ページで「お願い、脱がシて。」で検索して確認してください。

作品が検索で見つかれば現在も配信しています。

作品名の下の記載が「0円」となっていれば無料で見れて、金額が記載されていればその分のポイントが必要になります。


本ページの情報は2021年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。











[タグで関連記事を表示] * オナニー * オーガズム * イキたくないのにイク * お願い、脱がシて。

Last Modified : 2021-10-18

コメント







非公開コメント

モウソウさん

Re: No Subject

>ヨッシー

ありがとうございます。

ちなみに荒木先生はどっちかっていうと設定後付けし放題の方ではありますけどね(笑)
天才肌なので絶妙に許されてる感があります。
2021-10-02-12:46 モウソウさん
[ 返信 * 編集 ]

No Subject

さすがモウソウさん、キラークイーンとシアハートアタックを例えに出してくれるとは(笑)

なるほどジョジョ好きには解りやすい例えです!
2021-09-21-20:14 ヨッシー
[ 返信 * 編集 ]